久し振りの更新

1年半ぶりくらいにアクセス解析見たら、意外にも多くの方が観に来て頂いてるようなので、近況を少しだけ・・・
と言っても、僕の近況なんかに興味ある人いないだろうけどw
このまま放置するのは忍びないので、少しだけ。

東京に引っ越してきてから、仕事も私生活も本当に忙しくて、ネットを殆どやってなかった。
毎日毎日、めまぐるしい生活。

前は、私生活に於けるネットの優先順位が上の方だったので、どんなに忙しくても更新するよう心掛けてたけど、
今は仕事の密度が関西にいた頃より濃くなってるし、人間(交友)関係も激変したので、
ブログやSNSに興味が向かなくなってしまってた。
ネタは山のようにあるんだけど、一度放置すると書けなくなってしまう。
旅行、映画、史跡めぐり(吉原遊廓の痕跡探し)、食事(仕事関係以外)、新しく出来た趣味など、本当に書きたいことが多い。
でも、書く時間が取れないというもどかしさ・・・。
まぁ、これで良いのかも。


とにかく、またモチベーションが上がってきたら書こうと思う。
ブログにしてもSNSにしても、頻繁に更新しないと忘れ去られるね。
なかなか難しい。

| | トラックバック (0)

メダリスト銀座パレード ~50万人の高揚~


ロンドン五輪のメダリストたちが銀座でパレードを行うという事で、行ってきた。
2
銀座に到着した瞬間、「アカン、今日は写真撮れへんわ」と、半ば諦めの境地。

50万人もの人出によって気分が悪くなったのか、熱中症で搬送される人多数。
私の横にいた小学生のガーリーも、リバースしていて可哀相だった。


TV中継のお仕事でスタンバってる、見目麗しき田中雅美さんを発見。
3


一番見たかった村田諒太(ボクシング・ミドル級金メダル)と、バドミントンのフジガキが向こう側にいて見えなかったのだが、内村航平とは、また別種の黄色い声援が飛びまくってた入江陵介を見れた。
4
正真正銘の文武両道をゆく真のイケメン。(ちょっとオネエっぽいとこも魅力)
インタビューの受け答えは知性を感じさせるし、妙にウケを狙いに行かない。
良い大阪人の典型だと思う。


室伏アニキ、福原愛、アシタカ(石川佳純)を、もっと近くで見たかった。
5

柔道の西山と平岡。
6 
平岡を見てると、吉本興業の津田(ダイアン)を思い出してしまうw
西山は引きが強く、体幹がシッカリしてるので、まだまだ伸びしろはある。


アーチェリーの早川漣。
7
ネットで色々言われていたようだが、個人的には、この人のユーモアセンスが大好きだ。
リオに向けて頑張ってほしいし、応援したい。


同じくアーチェリーの川中、蟹江。
8
川中は、立命館大学にいそうな地味めのタイプで、とても感じが良いw
蟹江は、マニアに人気絶大だそうだ。(アニメ声も魅力的)


キング・オブ・レスリング、米満。
9


柔道・上野、中矢。
11
上野は世界ランキング1位で金が期待されたのだが惜しかった。
中矢君は、この世代で一番伸びしろのある選手。リオでは金を獲りにいける逸材。


伊調(妹)と、小原。
12
吉田アニキと共に3連覇の偉業を成し遂げた伊調は、国民栄誉賞もの。
小原の金も本当に感動的だった。


なでしこ。  田中、川澄、高瀬、鮫島。
13

髪の毛下ろしたら、めっちゃ色っぽい鮫島。
16

高瀬、鮫島のツーショット。
17


宮間、丸山。
14
毒舌ですみませんが、丸山さんは、もう少しチャライところを直した方が良いと思うw
(ファンの方々すみません)

岩清水、田中。
15

女子バレーのメダル、待ちに待ってた人も多いと思う。
荒木(結構好みのタイプ)、中道。
18

この2人(迫田・狩野)はモデルでも十分やっていけそう。 狩野はガチで可愛かった。
19


でも、一番人気があるのは木村(左端)だろう。
21
女子バレーの選手に街で会うと、ほんまにビックリする。スタイルが宇宙人並みで。

| | トラックバック (0)

EURO2012  ~獅子王、目覚める~

EURO2012、何とか時間を割いて観戦してます。 (イタリアVSドイツは永久保存版決定!)


まさか、バロテッリが一夜にしてスーパースター的な騒がれ方されるなんてね・・・・・遂に、獅子王が目覚めた感じ。
Photo
ずっとバロテッリが覚醒してくれる事を期待してたんだけど(そうなると面白くなるのは必至だったし)、ほんと、アズーリはドラマチックなチームだよなぁ。
大会前の下馬評は高くなかったのに、やはりカルチョの国はしぶとい。

私的には、愛してやまないカッサーノがキレキレなのが嬉しい。(まだフル出場は無理だけど)
カッサーノの鬼アシスト→バロテッリの爆裂ゴール→2人の熱~い抱擁にはシビレたなぁ・・・・・・

正直言って、イタリアは決勝トーナメントへ進めるだけで「御の字」だと思ってた。
強豪ドイツを撃破し、決勝でスペインと再戦するなんて予想だにしてなかったし。

決勝戦は、「スペイン1-0イタリア」だと思う。
勿論、イタリアに優勝してほしいんだけど、あの中盤は凄すぎる。
カッサーノ、バロテッリのツートップでスペインを撃破出来たら言う事ないんだが、それは贅沢というもの。
ブッフォン、ピルロの2人のレジェンドが最後の代表になるだろうし、明後日は気合入れまくって観戦しよう!

ファンタジスタを匂わせるモントリーヴォ、“夕陽のガンマン”みたいなディアマンティも好きになった。
あ、、、、、、デ・ロッシもディ・ナターレも。
好きすぎるアズーリ!

| | トラックバック (0)

東京スカイツリーに登ってきた

東京に来てから、やる事が山のようにあって、全然ブログUP出来ず・・・
もともと人の来ない辺境ブログだけど、更に人が来なくなりそう。


この1年ほど、浅草、千束(吉原界隈)、墨東(向島、曳船)にハマってるんだけど(永井荷風の著作に魅了され中)、
一応、スカイツリーも抑えとこうか・・・ということで、登ってきたw
St

詳しいレポは、また後日。  (余裕がないと書く気が起こらない)
A


A_1


A_2


| | トラックバック (0)

「さいごの色街 飛田」を読んだ

東京へ越してきてから、吉原(新吉原)に関する書籍ばかり読んでいて、関西の遊里(色町)を忘却の彼方に
置き忘れそうになっていたところ、「さいごの色街 飛田」(井上理津子/著)を書店で見かけ、手に取ってみた。
目新しい事は書いてないように見受けられたが、やっぱり飛田は気になる場所なので、じっくり読んでみようと思い購入。

Tobita

過去、このブログに何度か飛田新地の事を書いた。(SNSには詳しく書いた)
飛田新地の近くに住んだ事があり、ガキの頃は西成暴動(1990年)を見学に行った事がある。
だから、飛田(と、その周辺)は、様々な感情が交錯する特別な場所なので、
かなりの期待を込めて読んでみたが、遊里史を少なからず学んだ自分にとっては「ありきたりな内容」に思えた。
場所柄、書けない事が多かっただろうし、取材対象は煮え切らない発言ばかりで要領を得ない。(仕方ないよね)
だが、かなり頑張って取材してるし、女性ならではの優しい文体が飛田を単なる「悪所」と感じさせず、
馴染みの無い人にもすんなり読ませる佳作だと思う。
但し、人によっては壮絶な内容と思えるだろうし、性描写もハードだと感じるだろう。


特に、阿部定のくだりは、短かったけど面白かった。
阿部定が飛田新地で働いてたのは知ってたが、何故、飛田へ流れていったのか知らなかったし、
その後、丹波篠山へ流れた事も含めて勉強になった。

あと印象に残ったのは、
・タカヤマさん(著者の友人)が料亭の面接を受け、曳き子(やり手婆)さんに魅せられた話
・飛田に20年通ってるキス好きの男の話
・毎月3千円をNGOに寄付し、フィリピン人の里親になってる姫の話
・ブログで有名になった「まゆ美」ママの話
・38歳で曳き子(やり手婆)になったタエコさんの身の上話


飛田は「遊廓」と「赤線」の雰囲気を残しているし、今もって「色里」という言葉が似合う貴重な場所だ。
(私は昔から「裏世界遺産」と呼んでいる)
張り見世があるから、素見(ひやかし)だけでも楽しい。(後述するが、素見は遠慮したほうがいい)

私は、江戸期の吉原や島原などの遊廓から生まれた「文化」が好きだ。
だから、それらを自分なりの感性で飛田に投影し、町の「雰囲気」を楽しんできた。
飛田には、吉原や島原にあったような重厚な歴史や文化は無いので、通常なら投影出来ないのだが、
張り見世、独特の妓楼建築、昔から残る壁や大門・・・これらを遊廓文化の残骸と思えば、十二分に楽しめるのだ。
そして、近づきがたい・・・昔でいうところの「悪所」特有の妖しい雰囲気に、グーッと吸い寄せられてしまう。


古臭くてダサい言い回しだけど、男のロマン(笑)として、飛田は“魅力的な場所”だと思う。
これからも、ずっと残っててほしい場所なのだが、「さいごの色街 飛田」を読むと、
貧困ビジネスに通ずる部分を改めて思い起こし、やっぱり複雑な気持ちになってしまった。
色里の「負」の遺産が連綿と受け継がれている実態・・・ これは、如何ともし難い悲しい現実だ。

「最後の色街 飛田」のあとがきから、心に残った箇所を抜粋させて頂く。
「民俗学とは、ある地域やある集団が古今共通して共有する『クセ』である」と、民俗学者の神埼宣武さんが、
『聞書 遊廓鳴駒屋』に書いておられる。
本書は「学」ではないが、そういった「クセ」が累積し、多重化した一つの地域の姿を書いたものとして、読んでいただけたらと思う。
 なお、本書を読んで、飛田に行ってみたいと思う読者がいたとしたら、「おやめください」と申し上げたい。
客として、お金を落としに行くならいい。そうでなく、物見にならば、行ってほしくない。
そこで生きざるを得ない人たちが、ある意味、一所懸命に暮らしている町だから、邪魔をしてはいけない」

以上を踏まえ、「素見(ひやかし)」は、絶対にやめようと思った。
以前から何度も書いてるが、私自身は、遊廓から生まれ出でた文化(照明・落語・物語など)が好きで、
それらを調べていくうち、「遊廓の残り香」を感じたくて、方々の色里を歩いてきた。
(登楼したことは一度もないし、これからも無いと思う。先の事は分からないが)
「鯛よし百番」には何度も食事に行って、そのついでに飛田新地の中をグルグル回った。
だが、今度「鯛よし百番」へ行く事があっても、「なか」は見て回らない事にした。
以前から、「冷やかし、物見遊山で行くのはダメだ」と、遊里史を齧った「驕り」から、
友人知人には注意喚起してたのだが、私も「なか」の「客」ではないのだから、行くべき人間ではない。
それに気づけただけでも、この本を読む価値は大いにあった。
井上理津子さん、良書を有難う。

何かメチャクチャな文章になってしまったけど(ブログ書くのは超久々だったので)、
やっぱ飛田が気になる者としては、乱文になっても書かずにいられなかった。
関西に帰ったときは、「鯛よし百番」で宴会しながら、遊廓に関するアレコレを友人たちと語り合おう。


それと、やっぱり飛田周辺は危険な場所という事を頭に入れておいたほうが良い。
幾分平和になったとはいえ、まだまだ危ない人は多いから。
女性も行くべきじゃない。絶対に。(飛田の住民の心情を慮ると同時に、犯罪も危惧されるので)


『追記』
吉村平吉の「吉原酔狂ぐらし」を読んでると、素見も良いかなと思い直してしまった。
だが、一昔前の遊里と今の遊里は性質が異なってるからなぁ・・・難しいところだ。

| | トラックバック (0)

2011・気に入った店 BEST10

Yamanoue
同業者と行った店に関しては、ネットには載せれない。
大袈裟かもしれないけど、同業者と食べに行く店は仕事の一環だし、
機密事項(特別に作って頂いた料理や、外に洩らしたくない業界話)があるから。

あと、プロが、プロの料理を批評するのは反則なんじゃないかと・・・。
前はSNSで(主にfacebook)情報交換してたけど、拙い文章や写真だけじゃ、万分の一も伝えられない。
だから、やめた。誤解も生ずるし。(軽い話題はSNSに載せる事はあるけど)

プライベートで食べに行った時は、SNSや、当ブログにも少し載せたことがあるが、
何だか忌まわしい行為だと思えてきて、殆ど削除した。
ただ、気に入った店は、「備忘録」として載せる事があるかもしれない。 
但し、「リピートしたくない店」は絶対に載せない。

今年、気に入った店。(同業者と行った店なので、店名のみ)
※順不同です。ランキングではありません。

1・サラマンジェ(虎ノ門)
2・北島亭(四ツ谷)
3・コバヤシ(平井) ※ここのホワイトアスパラガス料理は超絶品
4・ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン レストラン (銀座)
6・シェ・イノ(京橋)※舌平目のアルヴェール風は、フレンチが好きな人なら絶対に食べるべき逸品
7・インカント(広尾)
8・鰻いづみ(葛飾・青砥)
9・割烹・喜作 (麻布十番)
10・龍天門(恵比寿)

| | トラックバック (0)

黄色い世界  TOKYOの冬

めっちゃ久々の更新・・・ 
というか、東京に来てから怒涛の日々で、ネタは溜まりに溜まってるんだけど、
「伝えたい!」という気持ちになれなくて(不精になった)、なかなかUPする気が起きず。

でも、このブログは、ずっと続けていきたいと思う。
誰も見てなくても、「自己満足の世界」は持っておくべき。
またいずれ、モチベーションがUPしたとき、色々書くかもしれないし・・・
以前のように頻繁な更新は無いけど(やる事が山のようにあるので)、
もし、このブログをBMしてくれてる人がいてくれたら、死ぬほど嬉しいです。


仕事帰りに、銀杏の絨毯の上でパチリ。
Yellow
東京の街は、銀杏が多いので、「錦秋=銀杏」って感じ。 これもまた、雰囲気があって良い。
毎秋、京都の燃えるような紅葉を見てきたので、東京の「黄色い世界」が新鮮に感じる。
大阪・御堂筋の「黄色い世界」も好きだが、東京の方が、もっと黄色い。

やっぱ、BGMは「枯葉」でしょ。

| | トラックバック (0)

愛読書

北島シェフの本、毎日じっくりと、大切に読んでます。
Photo
こういうオーナーシェフの個性が詰まったフレンチって、なかなか無いような気がする。だから、凄く貴重。
ネット(ブログや食べ●グ)などで評価を見てみると、賛否両論。 それは、決して悪い事じゃない。
癖の強い店は、賛否あって然り。
色んな感情を湧き立たせてくれるのが、名店の名店たる所以だと思う。
北島シェフの強い気持ちが、料理にそのまま投影される・・・ 食べる事=極上のSEX(命の営み)と感じさせる技術とセンス。
いや、エロティックさは欠けてるかもしれないけど、肉感タップリのセクシーな料理群は、口中を至福と快楽で満たしてくれる。

A
ちょっと行き詰まってた料理思考が、この本を読んで「LOVE注入!!!」された感じ(笑)。
いや~ 料理やってて良かった。
客として料理と対峙するのも最高に面白いんだけど、作り手として料理に対峙するほうが、実は何倍も面白い。
ただ、そこへ行き着くまでには、相当キツイ思いや経験を重ねないといけないんだが・・・
まだまだ青二才なんで、こんな事を書くと同業者に笑われるかもしれないが、それでもいい。素直な気持ちだから。

A_1
マイナスをプラスに変える発想、悪条件の中で働く事の大切さ、年齢関係なく好奇心満タンで学び続けること、
体力は落ちても経験とスピードはUPしてゆく等・・・北島シェフの哲学が、身に染み入ってくる。
いまだに自分の事を「50歳にしてハナタレ小僧」と言う、果て無き向上心。

~以下、北島シェフの言葉~
『繰り返しになるけど、フランス料理というものは本当にキリがない。
料理、デザート、パンと仕事は多岐に渡るし、どれも手間がかかる。
でも、そのぶん追求していくだけの奥深さと面白さを持ち併せている。
僕の場合、最近になってようやく少し料理が出来るようになった気がする。
「50歳にしてハナタレ小僧」とはよく言ったもので、
今までいろいろ教わったり経験したりしたことを、なんとか自分なりに生かせそうかな、
もっと自分らしい料理が作れるかもしれない、と思い始めたところ。
ようやく料理を作る下準備が出来て、スタートラインに立ったというのが実感だ。
年齢を重ねるごとに体力は衰えるけど、経験を積んだぶん技術は上がってくるのがこの仕事。
今はもっともっと自分の料理を追及したいという気持ちでいっぱいだ。

A_2
料理以外にもやりたいことはある。
たとえば、もっと給料を上げて働く人の生活をよくしていきたい。
僕自身はこの仕事で「儲けよう」なんて思ったことは一度もないし、
汗水たらしたぶんだけの収入が得られればいいという考えだけど、
頑張ってくれる人には人並みの生活をしてほしい。
だからメニューにしても、昼はランチ用のコースも用意しているが、
最近は夜と同じ内容の1万500円のコースを勧めている。
わざわざこの店を選んでくれたお客さんに、より良い物を出したいと言う気持ちもあるし、
そうしてお客さんに喜ばれて、しかも単価が上がって皆の生活を上げていけるなら、
それに越した事は無いと思う。
------中略-------

A_3
今はこういう時代だからカジュアルな店が増えてるけれど、
いつまでも「安くてたっぷり」ばかりでは自分たちの首を絞めることになる。
若い人が店を持つ時には、こういう事も考えたほうが良い。
正直、フランス料理は手間がかかるわりに売り上げがそれほど上がらない、
と、もどかしく思う事もある。

A_4
僕が毎日築地に行って思うのは、魚にしても野菜にしても、
日本にはもう充分いい素材が揃っているという事。
魚なんかフランスとは比べ物にならないくらいだ。
でも個人の店では、それを一皿に仕立てる時に、人手の面で限界がある。
ただ茹でるだけ、焼くだけなら誰でも出来るし、フランス料理としての魅力・面白さに欠ける。
でも、現実的に小さな店ではあまり手をかけられない。
そこで僕が思うのは、必要以上に手をかけずとも、料理人の感性を感じさせる、
面白味のある一皿に仕立てる為のアイデアやテクニック、
素材の組み合わせや調理法、味つけなどを各自が確立し、実践していかないといけないという事』


まだまだ素晴らしい言葉やアイデアがビッシリ詰まってるので、
プロのみならず、料理に興味のある方は購入されては如何かと。
一生の宝になると思う。

「ア・ラ・ミニュート」スタイルの店、いつかやってみたいなぁ・・・
試作では、いつもア・ラ・ミニュートなんだけど、本番でやるのは相当難しい。
ただ、かなりエキサイティングで面白いことは確かだ。。
センスもスピードも、それによって磨き続ける事が出来るし、
料理人にとっては、この上なくレベルアップに繋がる方法だと思う。
もっともっと頑張らねば!!!

| | トラックバック (0)

江戸の夏

神田明神の門前にある老舗「天野屋」で、暑気払い。
1_25

江戸の雰囲気が感じられる素晴らしい名店。
1_24

リピート必至!  和カフェの最高峰だと思う。
1_26


ネタが山ほど溜まってるけど、やる事が多すぎてUPする時間が無い。
美味しい物を沢山食べ、色んなところへ行き、好きな人と会い・・・
関西にいた頃も、書きたいことの10%も書けなかったけど、
東京では全くと言って良いほど書けてない。
ネタがありすぎると、ブログやSNS以外でササッとアウトプットしてしまう。
それがいけないのかも・・・

| | トラックバック (0)

「剛腕」の称号が最も似合う男・伊良部秀輝、逝く

千葉ロッテ、NYヤンキース等で活躍した元プロ野球選手・伊良部秀輝が亡くなった。
朝、ツレから第一報を聞いたときは(まだ寝てた)、信じられず、夢でも見てるのかと・・・

自ら命を絶つという最期・・・
幾多のトラブルや、その豪快な野球人生を思うと、「伊良部らしい最期」だと思ってしまった。

エクスポズ時代の笑顔。
Hideki_irabu
画像検索すると、ふてぶてしい表情の画像ばかりだが、本来は、このような笑顔の似合う男だったんじゃないかと。

何かの番組で解説のようなものを聞いたとき、卓越した理論の持ち主と感じたし、語り口が滑らかで聞きやすかった。
めちゃくちゃ頭の切れる人だったと思う。 BSの野球中継で、彼の解説を聞いてみたかったなぁ。
きっと、歯に衣着せぬ物言いで、独自の野球理論を展開してくれただろう・・・ 本当に勿体ない。

尼崎で小中を過ごしたからか、関西弁が時折出ていた。
故に、ユーモア精神も持ち合わせていただろう。
それなのに、自らの人生にユーモアを持ち込めず、自分自身を追い込んでいったのだろうか。
私自身は、彼特有のコダワリ(美学)が、彼を死に向かわせたのだと思う。
その美学と言うのは、「中途半端に生きたくない」という事だと・・・ 勝手に思っている。
上にも書いたが、この幕引きは、伊良部らしいと、改めて思う。
Hideki_irabu_1

尽誠学園時代の伊良部の大ファンだった。
今でも良く覚えてるのは、甲子園で魅せた勇姿。
特に、2年生時に対決した東海大五との熱戦(接戦)と、3年時の浦和学院戦。
東海大五戦は、まだヒョロッとした体型の伊良部が頼りない感じで、その端正なマスク(イケメンだった)が
散りゆく大型投手の儚さを思わせ、何か劇画の中のヒーローのように感じた。
3年時は、体が一回り大きくなって、MAX148キロの剛腕投手として甲子園に帰ってきた。
高校通算83本塁打(当時の1位)の怪物・鈴木健を力で捻じ伏せ、強打・浦和学院を抑え込んだ力投は圧巻だった。
プロに入ってからも、清原に150キロ台後半の剛速球で挑むなど、数々の剛球伝説を作った。
MLBに渡ってからの快投も記憶に新しいが、もう少し万全な体調で過ごせたら・・・
それでも、最強だったNYヤンキースのローテを守り、月間MVPを2度も獲ったのは凄い。

以下、週間SPA(7月19日号)の最新インタビューから。
【MLB行きの時の騒動について】
ヤンキース入りを約束してくれてた球団(ロッテ)が、勝手にパドレス行きを決定。
伊良部が、それを突っぱねたところ、新聞が「ワガママ伊良部」と書きたてた。
ルール違反をしてまでMLBに行こうとは思ってなく、ルールに則って1年間浪人すれば、
任意引退選手となり、どこの球団とでも交渉できる。
そうしたいと思い、記者の人たちに、重要な事は曲げないで書いて欲しいと資料を渡した。
だが、事実と違う事を書かれ、野球のボールはコントロール出来るが、メディアはコントロール出来ないと思ったそうだ。

【父親がアメリカ人とは知らなかった】
父親を探しにアメリカへ行くという報道はウソで、アメリカに行くまで父親がアメリカ人とは知らなかったという。
ヤンキース入団後・・・98年のキャンプの時、球団から連絡があって、父親と名乗る人が来た。
ビックリしてすぐ母親に確認したら、父親がアメリカ人という事は事実だと言われる。
(父親に対しては、これといった感情は生まれなかった)

【メジャーを意識しだしたのはいつ?】
中学の時、TVでサイチェル・ペイジというピッチャーが亡くなった時の特番を観て度肝を抜かれた。
長身のピッチャーで、ムチの様にしなる体。 物凄く細いが、全身を使って投げる。
あんなふうになりたいと、さんざん真似したそうだ。
ロッテに入ってからも、6年間は彼のように投げたいと思っていた。
彼以外でも、自分と同じくらいの身長(190cm)のピッチャーがどのように体を使うのか研究しようとすると、
日本にはいないので、どうしてもメジャーのピッチャーになってしまう。クレメンスとかグッデンとか。
当時はメジャーの映像を観る機会がなかなかないので、雑誌の分解写真を観て、どうやって投げてるのか、
いつも考えていた。
ヤンキースに行きたいと思ったのは、常にワールドチャンピオンを狙える強豪だったから。
「野球のユニフォームを着た人間なら、ワールドチャンピオンのチームでやりたいと思う」と。

あと、横の変化球が投げられなかったから(投げなかった)、勝ち続けられなかった事とか、
勝ち負けに繋がらない速球はいらない等・・・伊良部の野球論が続く。
球の出所が見づらいピッチャー(杉内の名を挙げた)を褒めたり、星野阪神時代について語ったり、
NPBに帰ってきたとき、不自然なほど飛ぶボールに疑問を持ったり・・・
そして、事業(うどん屋)の事、腱鞘炎の事(スライダーのせい。今でも布団をめくるだけで痛い)、
監督の器ではない事、コーチならやってみたい(ここでも伊良部独自の論)、日本に帰りたいetc・・・

伊良部がコーチをやれる環境があったら良かったのに・・・と、つくづく思う。
彼は、アウトサイダー的経験から、自信の無い選手の気持ちを汲む「技術」があっただろう。
勿論、投球術に関しても一家言持ってたから、良いコーチになれたんじゃないかと。
数々のトラブルさえなければ、その可能性もあっただろうが・・・。

とにかく、素晴らしい選手だった。  合掌。

| | トラックバック (0)

«第45回・葛飾納涼花火大会!!