« バタービーン、元気に屈す。 | トップページ | そば »

ギャロ様が賀茂茄子を持っております。

74tusd8u.JPG

今月、関西の情報誌の表紙は「ヴィンセント・ギャロ」一色だった。

その中の一誌Meetsの見開きに、俺お気に入りの焼肉屋で寛ぐギャロが載っていた。
正直、メチャメチャ嬉しい。

多分、こういったコンセプトで写真を撮ったことが無いのだろう・・・
ミスマッチという空気の中で、童心っぽい表情が見え隠れしている。

各雑誌は当然、関西に関する印象を聞いていたが、
京都の事を一番気に入ってたみたいだった。
「歴史ある荘厳な神社仏閣よりも、
何気ない雑居ビルに愛着を感じた」・・・
と言ってたのは別にポーズでもなんでもないだろう。

そういうとこにギャロらしさを感じる。

“微妙に外す”のが格好良いというイメージがあるから、
このまま深海魚のようにアンダーグラウンドをヒタ泳いでほしい。
俺はそういう彼を、ずっと応援していきたい。

彼のナイーヴなインタビューは、いつ見ても最高にキュートで繊細だ。

その繊細さとダメっぷりに、愛おしささえ感じてしまう。

猛烈な嫉妬&毒舌家のくせに、
もの凄いチキンハートというのが
彼の感性を研ぎ澄ます要因になってる。

・・そこに新しい笑いを感じてしまうのは俺だけだろうか!?

ギャロといえば、カンヌ映画祭で史上最大のブーイングを浴びた
新作『ブラウン・バニー』が公開待機中。

眠気が襲ってくるようなロードムービーかと思いきや、
ラストに、ぶっ飛ぶようなごっついラブシーンがあるらしい。
(各サイトのレビュウでネタバレあり)

この映画のヒロイン「クロエ・セヴィニー」は、恐ろしいくらいの魅力がある。
ギャロがドップリ溺れきったのも頷けるね。

|

« バタービーン、元気に屈す。 | トップページ | そば »

DIVO-DIVA 」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33178001

この記事へのトラックバック一覧です: ギャロ様が賀茂茄子を持っております。:

« バタービーン、元気に屈す。 | トップページ | そば »