« デ・ニーロ(左端はスコセッシ) | トップページ | 妄想キャスティング »

讃岐饂飩

0yugsdq9.JPG

最近、ハマってるのが饂飩。
と言っても、幼少の頃から慣れ親しんでいるので
ハマるというほどの事でもないのだが・・。

仕事帰りに小腹が空くと、後輩と、饂飩を食べに行く。

ここ数年、讃岐系の饂飩屋チェーン進出のお蔭で、
関西にも、“麺そのもの”を味わうという嗜好が出てきた。

これまでの関西のうどんは、まず、ツユありき。
麺は、ツユを味わう為にあった。

関西のツユ(出汁)は日本一、と、断言する。
北前舟の影響もあって、現在でも関西の問屋が利尻昆布の
一等検(最上級ランク)の昆布を抑えている。
だから、大阪の料亭や、京料理の老舗には
恍惚となるような出汁をとる所が多い。

個人的には、讃岐饂飩が一番美味しいと思う。
氷見饂飩(富山)とか、
稲庭饂飩(秋田)とか、
島原手延べ饂飩(長崎)とか、
赤井英和が好きな大阪のホルモン饂飩(爆)とか、
饂飩の種類は色々あるけれど・・・・・
決して上品でなく、粗野にして口の中で蛇が踊るような、
ブリン、ぷりん、と弾けるような讃岐饂飩が旨いのだ。

生醤油と、辛味大根、鰹節、胡麻をぶっかけ、
冷やで頂く…と、いうより、食らう。

「小麦粉がここまで化けるのか!」
本場の讃岐饂飩に出会うと、そう叫び、箸を持って走り出すに違いない。

|

« デ・ニーロ(左端はスコセッシ) | トップページ | 妄想キャスティング »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177946

この記事へのトラックバック一覧です: 讃岐饂飩:

« デ・ニーロ(左端はスコセッシ) | トップページ | 妄想キャスティング »