« 教授と頼もしい仲間たち | トップページ | ブリタニー・マーフィ礼賛。 »

寒ブリ

u0yj3s70.JPG

もう旬が終わりそう・・・悲しい。
と、いうことで、今冬○十回目の寒ブリ、最後にいっときました。

今回のブリは、富山・氷見漁港からのもの。
冷たい日本海を泳ぎまわったブリの身の締り、甘み、風味はさすが。

去年は、大きな切り身をブリ大根にした。
煮てもパサつかず、はらりと崩れる身の旨さに感動。
歯の隅々で噛みしだき、味わい尽くした。
喉へ滑らせるのが勿体無いくらいの美味しさに虜ロール。

ブリといえば、愛媛・日振島産のものも素晴らしい。

冷たい海で育ったものよりもやや荒めの身質だが、
脂の乗り方が絶妙で、氷見のものに負けない旨さを持っていた。

|

« 教授と頼もしい仲間たち | トップページ | ブリタニー・マーフィ礼賛。 »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177929

この記事へのトラックバック一覧です: 寒ブリ:

« 教授と頼もしい仲間たち | トップページ | ブリタニー・マーフィ礼賛。 »