« 撫で回したくなる | トップページ | エンケン »

三白眼・弓削商船出。

t059aarh.JPG

北村一輝、大好きです。
物凄~く色気が漂う俳優。

上戸彩と競演した伝説の低視聴率ドラマ「ひと夏のパパへ」は、
残念ながら、黒歴史に入るだろうけど・・・
まぁ、時代が一輝様に追いついてこなかったのでしょう。

やっぱ一輝様は、三池組やVシネなどのアンダーグラウンドで
暗躍してナンボのアクターだと思う。

地上波に出るようなキャラじゃないよな~。
と、いいつつ、たまには地上波で観たい気もするけど・・・。

これまで、色々と彼の傑作はあるけれど、
吉本多香美と共演した『皆月』(佳作)の一輝様は良かった~。
観ていて、全身がゾクゾクした。

あの、メンチ斬られるとブルっちゃうような三白眼に、美しい濁声、
壊れてしまいそうな儚げな雰囲気・・・。


時代劇にもドンドン進出してほしい。
幕末物だったら、三条大橋で新撰組と大喧嘩し、
鬼の近藤を震え上がらせた土佐の豪傑「宮川 助五郎」なんてどうでしょう。
実際、やさぐれ系の色男だったし・・・。でも、マニアックかな。

戦国物だったら、信長の愛人・森蘭丸、
もしくは、美濃のマムシ・斉藤道三の若き日がピッタリ。
要するに、アウトローの雰囲気があって、色気漂う役が合うという事だな。

|

« 撫で回したくなる | トップページ | エンケン »

DIVO-DIVA 」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177872

この記事へのトラックバック一覧です: 三白眼・弓削商船出。:

« 撫で回したくなる | トップページ | エンケン »