« 鰹のタタキ | トップページ | 菅田俊 【虎の咆哮】 »

極道恐怖大劇場 牛頭 (GOZU)

m40ylxji.JPG

(写真は、主演の曽根英樹・・良い役者です)

いや~・・・参った。
何なんだ!?この映画(Vシネ)は!?

つーか、しっかり2度目の観戦なんだが、
久し振りに観ると、
あまりのぶっ飛び様に心が躍る・・・
(結局踊ってるじゃねーか>俺。)

東映が誇る真っ当な悪役・曽根晴美が製作、
息子の英樹が主演、
監督は・・・三池崇史御大。

のっけから、可愛すぎるチワワちゃんを「ヤクザ犬」と呼んで
暴れる哀川翔がアホみたいに面白く、
それを取り巻く強面の極道たちの空気感が芸術的悪ノリを醸している。

この部分だけで腹一杯になってしまうが、
ラストまで奇奇怪怪なテンションが続いてしまうのだから、
三池ワールドは止められぬ。

名古屋を舞台にしたロードムービーさながらのストーリーと雰囲気は、
インディな外国映画よりも百倍怪しく、刺激的だ。

火野正平の、火星人みたいなキャラも凄すぎるし、
加藤雅也もすっかり三池テイストに馴染んでしまっている。
そ、そ、そして・・・・・
曽根晴美!や、やめてくれ!そのキャラ!


加えて、吉野きみ佳から生まれ出でる哀川翔の・・○・・○・・▽・・・
な、な~んというラストじゃぁ!!!!!!

徹底して不真面目な事を真面目にやる事の面白さ。
最高に可笑しくて、恐ろしい映画だ。

|

« 鰹のタタキ | トップページ | 菅田俊 【虎の咆哮】 »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177841

この記事へのトラックバック一覧です: 極道恐怖大劇場 牛頭 (GOZU):

« 鰹のタタキ | トップページ | 菅田俊 【虎の咆哮】 »