« 原始的な味 | トップページ | 鰹のタタキ »

プロ野球選手(監督・コーチ)のファッション

tk1kulh5.JPG

さぁ、この画像を刮目して見よ!(ダメだ…笑いが止まらない)
タモリではないぞ。

キャンプで沖縄入りした中日ドラゴンズ・「落合博満」監督であらせられるぞ。

誰がコーディネートしたのか皆目見当が付かないが
(もしや、あのN婦人か・・?)、
仁侠映画を髣髴とさせるファッションだ。


俺は、プロ野球の監督たるもの、
こういうファッションでなくてはならないと、常々思っている。

Jリーグが台頭してきた頃、サッカー選手たちのファッションセンスに注目が集まった。
たまったもんじゃなかったのがプロ野球選手だ。
ダブルのスーツに、セカンドバッグ、テッカテカのエナメル靴は当たり前。
パンチパーマなんていう輩もいた。

事あるごとにJリーガーと比べられ、失笑を買った。
(俺も小馬鹿にしてたけどw)

最近はどうか知らんが(巨人・工藤のニットは必見!)、
この落合のようなファッションが少なくなってきてるように思う。
…残念な事だ。

野球選手はダサくていいのだ。
男臭~い顔の多い野球選手には、PRA○AやGU○CIなどのブランドは似合わない。

いや、競技上、似合っては駄目なのだ。
新庄(初期のファッションは昔のホストみたい)や、
イチローのような例外(?)はあるが・・・。

野球はメンタルスポーツだ。
「ゴルフ、ベンツ、焼肉、歌謡曲、スチュワーデス。」

サッカーは、クリエイティビティなスポーツだ。
「ファッション、スポーツカー、イタリア料理、クラブ音楽、モデル。」

思いっきりこじつけだけど、“精神”性と、
“創造”性の違いが、そのライフスタイルに反映してるとしか思えない。

ヨーロッパと、アメリカがそれぞれの競技の故郷という側面も無きにしも非ずだが…。


因みに…
江川や桑田が必死で野球馬鹿であることを否定しようとし、
葉巻やワインに関して玄人並みの知識を披露したが、失敗。
しかし、落合は、自然と野球と距離を保って見せた。
さすが、道草を啄ばんだ味のある男。
その一癖ある言動と態度は十分キャラ立ちしている。

|

« 原始的な味 | トップページ | 鰹のタタキ »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33178010

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球選手(監督・コーチ)のファッション:

« 原始的な味 | トップページ | 鰹のタタキ »