« 祝! | トップページ | 原始的な味 »

懐かしき店

pp672nns.JPG

錦市場近くのフレンチレストラン。

もう何年もこの店で食事してないが、
駆け出しの頃は、良くここで勉強させてもらった。
高級店での食事は、薄給の身にはきつかったけど、
洋服や映画を我慢してまで来る価値はあった。

この店は、当時、パリの3ッ星・ランブロワジーの十八番だった
「赤ピーマンのムス」を供していた。
初めて食べた時の衝撃は今でも忘れられない。
最良の素材への的確な火入れ、
薄めの塩づかい、
瀟洒なサロン・・・。
一流のカトラリも手にずっしりとくる。

今は欲望が分散してしまってレストラン通いは極端に減ったが、
死にかけてる仕事へのモチベーションを呼び覚ますには、
陶酔感に浸れるような味に再び出会うのが鍵かも。

|

« 祝! | トップページ | 原始的な味 »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33178004

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしき店:

« 祝! | トップページ | 原始的な味 »