« 梵灯 | トップページ | 天然アジ »

茅葺の里

ppdto5cy.JPG

親友と、京都北部の美山へドライブ。

京の奥座敷・鞍馬から、花背、芹生といった御伽噺に出てきそうな
風雅な里を抜け、鯖街道をガンガン飛ばす。

途中、京北町の道の駅で休憩。
地元特産品や、木工製品がズラリと棚に。
道の駅って、全国、似たり寄ったりの品揃え・・・
購買意欲が起きない。

京都市内から約2時間、ようやく美山に着く。

ぴっちぴちの鮎が獲れる清流・由良川も美しいが、
緑眩しい茅葺屋根の家がズラリと並ぶ様は壮観。
個人的には世界遺産の白川郷よりも好き。

近くの店で鮎の塩焼きを頂いたあと、
茅葺民家で蕎麦をたぐる。
小振りの鮎の香りは素晴らしく、
香魚の名に恥じない美味しさ。

蕎麦はこの時期だから香りは殆ど無いが、
体がさっぱり清くなるような感じがする。

食後、界隈を散策。
日本の原風景に心が癒されるような思いだ。

|

« 梵灯 | トップページ | 天然アジ »

京都D’OR」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33178034

この記事へのトラックバック一覧です: 茅葺の里:

« 梵灯 | トップページ | 天然アジ »