« タンドリー | トップページ | 浅野 忠信が初々しい »

エゾ鹿バーガー

64m6nk05.JPG

ちょっと前のニュースだけど、いやぁ・・・激しく旨そうだ。
チェ・ゲバラ(写真)も旨そうに食ってますなぁ。(←嘘)

ソースとか、香辛料で鹿の風味が消されてなければいいが・・・。

肉の部位によって味付けは変えるべきだが、
ミンチにしたモリーユ入りのパティだったらいいなぁ。

今冬、京都の京北町で害獣駆除の際に獲れた
小鹿チャンの赤ワイン煮を食べた。

ああ・・・思いだす。

ガル二には、ぽってりフワフワのじゃが芋のムース・・・


この冬も、粗いチリワインで酩酊しながら鹿肉つつきたいね。

早くジビエの季節になれぇぇ~~~!


※この前食べた匠味には、山葵の生産者カードがついてきました。
面白い試みです。
こういうアイデアで、食べモンが2倍にも3倍にも美味しくなるんですね。

バンズの絶妙な割れ加減と、喉越しの(?)良い上質なパティ、
アボカドの三位一体・・・旨い!
デキル味わいに喉が唸ります。

皆さんも是非。

~オマケ~

アボカドをすり潰してディップにし、
良質の湯葉で巻いて食べてみてください、
めっちゃ旨いです。
焼酎のお湯割り、ポン酒に最適です。

|

« タンドリー | トップページ | 浅野 忠信が初々しい »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177817

この記事へのトラックバック一覧です: エゾ鹿バーガー:

« タンドリー | トップページ | 浅野 忠信が初々しい »