« ジョゼ虎。 | トップページ | 安藤政信 »

とりすき

kagoougj.JPG

美山の民宿で食べた「鶏すき」。

熱した鉄鍋に、身がギュッと締まったピンク色のモモ肉、胸肉を投入。

最初は強火でジュウジュウ焼く。
表面に軽く焦げ目をつけ、酒でフランベ。
鍋からは、鶏肉と、酒の旨みを湛えた
“いかにも”な香りが立ち昇り、鼻腔をくすぐる。
ここで、節操もなく腹が鳴く。

季節の野菜や、豆腐をワサワサ投入し、
特製の出汁と味醂で一気に煮込む。

熱々の鶏肉を卵につけ、ふうふう言いながら、息せき切って食べる。

思わず顔がバカになる。

友人の顔が肉食獣のようだった(プ

|

« ジョゼ虎。 | トップページ | 安藤政信 »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177786

この記事へのトラックバック一覧です: とりすき:

« ジョゼ虎。 | トップページ | 安藤政信 »