« 千鳥の男前 大悟 | トップページ | Jason Giambi »

出汁の深さ

img20060914.jpg

写真は、某割烹の「落ち鱧の椀」。
秋の息吹を感じる。

和食は自然体で食べられるのが嬉しい。


関西には、北前舟の影響が色濃く残っているので、
一等検の昆布を押さえている料理屋さんが多い。
だから、椀物の出汁の味がどこまでも清浄に澄んでいて
ミライを惚れ惚れさせるほど素晴らしい味わいを奏でている。

夏よりも脂がコッテリと乗った分厚い秋鱧が、
恍惚と香る出汁と絶妙に響きあう。

全身秋になりました。

|

« 千鳥の男前 大悟 | トップページ | Jason Giambi »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177807

この記事へのトラックバック一覧です: 出汁の深さ:

« 千鳥の男前 大悟 | トップページ | Jason Giambi »