« СОЛЯРИС | トップページ | 紀信の写真から何年? »

またまた「乱」

ssgfgchjkl.jpg


昔、京博のサイトのコラムを読んでいたら、
ある研究者の方が、黒澤の映画について色々書いてらした。

もう一度読んでみたいと思っていたら、
サイトがリニュしてた・・・残念。

記憶が曖昧だが・・その方は、モノクロ時代の黒澤作品は素晴らしく、
カラーになってからの作品は、駄作が多い(?)云々~
と、書いていたような。

「影武者」、「乱」、「夢」にもダメ出ししていたような気がする。

でも・・・「トラ!トラ!トラ!」の件で、命を絶とう(?)とした
巨匠は、その後の作品でも素晴らしい才能を発揮していると思う。

つーこって、「乱」 「乱」 「乱」 「乱」 「乱」 「乱」 「乱」

お疲れ様でした。





毛利家のサンフレッチェ話(実話ではないけど)と、

「リア王」を巧みに織り交ぜた豪華絢爛戦国絵巻。





【極私的ミドコロ】



パチンコに夢中になり、出番に思いっきり遅れたらすぃ

井川比佐志と、鬼気迫る原田美枝子の終始に渡る対決



走召イケメン時代劇俳優・隆大介の“うつけ者っぷり”



夕陽評論家・油井昌由樹(すげぇ芸名w)演ずる武将の、

三郎直虎に対する忠誠心とサポートぶり。

時代は違えど、こんなNo.2が欲しいでしょ>各企業の経営者



この頃、イッケイケの根津甚八が魅せる武将の

へタレっぷりと、「鉄砲大将ーーー!」と、叫ぶ様



異質なピーター



CGなんか、クソ喰らえ!な、巨大オープンセット@御殿場?

まるで、イントレランス!(←言いすぎ)



植木等の老獪な演技





画面が止まっているのに、躍動感たっぷりの陣形シーン



全盛期の黒澤といえば、「突風と、豪雨」・・・

この映画では、旗が靡くだけの微風が魅力





でも、見所を全部掻っ攫っているのは油井昌由樹。

特に、ラストの哀しげな哀しげな絶叫。

あの言葉に、人間の愚かさが集約されてる・・・と、言ってみる。







お休みなさい。

|

« СОЛЯРИС | トップページ | 紀信の写真から何年? »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177694

この記事へのトラックバック一覧です: またまた「乱」:

« СОЛЯРИС | トップページ | 紀信の写真から何年? »