« 衝動買い | トップページ | バリー・リンドン »

甘?いメインに酔う

先日、知り合いの業者さんに誘われて、大阪の某・レストランへ。



前菜:天然ブリと、フルーツ、季節野菜のサラダ

1.jpg




分厚い切り身のブリが、イマイチ・・・

この厚さにカットせず、カルパッチョのような厚さじゃないと、

他の素材に絡みにくくなる。



素材と素材が上手く融合しないと、「料理」にする意味がなくなってしまう。

素材の質がそれぞれ確かなだけに、残念な一品となっていた。





魚:ウツボとマトダイ、クレソンのソース、ハマグリとホタテ添え

2.jpg


カリリとポワレされたウツボが甘く香り、

弾力のある身と、皮目の香ばしさが素晴らしい。



これ以上は無いというくらいレジェにフリットされた

マトダイが、サクサクとした歯ざわりで、陶然たる旨さ。

爽やか且つ、キレのあるクレソンのソースと絶妙な

マリアージュを感じさせ、陶酔感に浸る事が出来た。



脇にそっと添えられた、ジュがたっぷりのハマグリと、

深い味わいのホタテ貝が、「いい脇役」を演じていて、

食べて美味しく、嗅いで楽しい一皿になっていた。





メイン:子羊背肉・腿肉のロティ、クラウドベリーとブルーベリーのソース、

レモンバーム添え

3.jpg




しっとりとロティされた子羊は仄かな血の香りを湛えており、

特有の“匂い”とジュが口いっぱいに広がる。



そこへ・・・甘いソースが絡んでくる。

ジビエに果物のソースを合わせるのは普通だが、

羊に合わせるというのは、あまり無いような。

一見、乱暴に見える果物と子羊のセッションだったが・・・

こちらの心配をヨソに、シッカリと成功していた。



レモンバームが全体の素材にピタリと寄り添い、

ベーコンを纏うアンディーヴのホロ苦さが、

甘さで疲れた舌の箸(カトラリ)休めとなってくれた。







デザート:葡萄のムースとバニラのソルベ

4.jpg


シュワっと舌の上で弾けるような、葡萄の味わいが実に心地良い。

上に乗ったソルベが、口中をシャキっと正してくれ、

また葡萄の味を誘う。

食事の最後を閉めるに相応しい、上質なデザートだった。

何度も書くけど、フランス料理は、決してスノッブな料理ではない。



世界の料理の中で、最も多彩な技法があり、陶酔感を味わえる。

ただ・・・食べ手の力量とセンス、本物を見極める目と、

舌や感性を、コレほど要求される料理に・・・

本気で接するようになると、危険だ。



それに、強靭な胃袋と、それなりの知識がないと愉しめない。



日本人のDNAと、最も遠いところにある料理だが、

ハマると、最高のセックスをしたような快楽に溺れる事必至。

|

« 衝動買い | トップページ | バリー・リンドン »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177668

この記事へのトラックバック一覧です: 甘?いメインに酔う:

« 衝動買い | トップページ | バリー・リンドン »