« 奈良で出会った犬たち | トップページ | 五條・十津川 Ⅳ「温泉篇」 »

想いでの詰まったビストロ

1.jpg

UPしそびれていた店。
(最寄り駅:D町柳)

想い出が鬼のように詰まった、大事な店。
京都の店で一番通った。

2.jpg

定番の【ソーモン・フュメ】
ここに来たときは、いつもこの皿をチョイスする。

昔の彼女たちや大切な友人たちと、数え切れないくらい来た。
この店で昼をやっつけたあと、叡電に乗って、小さな旅をする。

3.jpg

【牛肉のビール煮込み、マッシュポテト添え】

素朴な素朴な料理。
この店は、シェフが独りで奮闘しているから、
煮込み系の料理が多い。
でも、手抜きが一切無く、全ての料理をきちっと仕上げている。
大勢スタッフがいても、料理を均一に出す事は難しいのに・・・。
いや、独りでやってるからこそ、一切の妥協を許さないのだろう。

熱いものは、「熱く」、冷たいものは、「冷たく」。

ビストロ料理を勉強したい人は、この店で食事すると良い。
突き抜けた旨さは無いけど、しみじみと旨い料理を、心から愉しめる。

写真は無いけど、デセールも上等。
特に、ガトー・ショコラがお勧め。



料理の知識云々ではなく、
“食べる楽しみを知っている人”と訪れたい小さな小さな店。
安いし、旨いし、雰囲気が良い。
三拍子揃った店。

食後、ブラブラ歩いて、出町商店街で絶品豆餅を買うもよし、
更に歩いて、京都御所の緑に身を預けるもよし。

|

« 奈良で出会った犬たち | トップページ | 五條・十津川 Ⅳ「温泉篇」 »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177616

この記事へのトラックバック一覧です: 想いでの詰まったビストロ:

« 奈良で出会った犬たち | トップページ | 五條・十津川 Ⅳ「温泉篇」 »