« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

見目麗しき、リュディヴィーヌ・サニエ

img20050329.jpg



リュディヴィーヌ・サニエの肢体と、青く煌めくプールが目に眩しい。
(ついでに、シャーロット・ランプリングの全裸も目に眩しかったw)

続きを読む "見目麗しき、リュディヴィーヌ・サニエ"

| | トラックバック (0)

昔、ロテュース・今、アリスⅡ

1.jpg

前菜「フォアグラのムース、フィアンティーヌ仕立て」
いつもこれを選んでしまう。
フワフワのムースが美味しく、
妙な肝臭さが無い。


img20050329.jpg

居心地の良いサロン。
柔らかい照明の中、じっくりと落ち着いて食事が出来る。

続きを読む "昔、ロテュース・今、アリスⅡ"

| | トラックバック (0)

奇才?向 清太朗

img20050328.jpg

ハッキリ言う。
吉本の若手コンビ「天津」の向清太朗(右)は、おもしろい。

ルックスとは裏腹に、かなり肝が太い。
巨人師匠に反旗を翻した向のキャラを見て、
カーティス・クリークを発見したような気がした。

淡々と進むコント。
隙の無いネタ。
向清太朗の、メガネを上げる仕草。
全て必見。

続きを読む "奇才?向 清太朗"

| | トラックバック (0)

雪景色  長野・有馬・愛媛・京都・岡山

nagano.jpg

長野の友人宅から撮影

続きを読む "雪景色  長野・有馬・愛媛・京都・岡山"

| | トラックバック (0)

古い時代のイメージ@黒澤明

img20050326.jpg

(左・マーティン・スコセッシ・・・この作品も作品賞獲れず)


~「映画批評」より抜粋~
【黒澤明】
この間小林秀雄さんと座談会をやったけれどもとても面白かった。
あなたの写真(映画)は一本も見ていないですというところから始まってね。

そして、いちばんおもしろかったのは、僕も古いものが好きだろう、
小林さんも古いもの が好きだから、こんな話になった。
たとえば「平家物語」という本を読んでおってもわからない。
具象的にはわからない。
ところがあの時分の鎧なんかを見る。

続きを読む "古い時代のイメージ@黒澤明"

| | トラックバック (0)

印象深い怪童

img20050325.jpg

横浜高校時の涌井。
今や、ライオンズ期待の星。
高校時代から完成度の高いピッチャーだった。
肘を壊さないように祈るばかり・・・。
末永く応援したい。
コイツのピッチングスタイル、大好きなんだよね・・・。

そういえば、いつの間にかセンバツが始まっていた。
センバツで一番印象に残っているのは、
高知・伊野商業(繰り上げ出場)のエース・渡辺智男(元・ライオンズ)。
145㌔前後の重ーいストレートをグイグイ投げ込み、
史上最強といわれたKKコンビのPL学園をねじ伏せた。
しかも、怪物・清原を3三振に抑え、その勢いを駆って優勝。
そんなに上背はないし(177㌢)、
マカベッシュよりインパクトのあるメガネ顔なのに、
その力強い投球は、センバツ屈指の豪快さがあった。


夏は、98年の埼玉栄・大島裕行(現・ライオンズ)が印象に残っている。
沖水の剛腕・新垣(現・ホークス)の146㌔のストレートを、
広い甲子園の右中間スタンドにブチ込んだ一発に驚愕した。

色々思い出すと・・・様々な怪童たちや、名勝負が蘇ってくる。
今春、一回くらいは甲子園に足を運びたい。
近所だし。

| | トラックバック (0)

世界の中心で、愛をさけぶ(笑)

sekatyu.jpg

「世界の中心で、愛をさけぶ」


普段だったら絶対に観ない作風の映画なんだけど・・・
昨年末、愛媛・某市のバーで片山恭一さんの姪っ子と
たまたま飲む機会に恵まれ、「これは何かの縁」←バカ
と、思い、観てしまった。(原作は読んでない・・・アカンやん)

続きを読む "世界の中心で、愛をさけぶ(笑)"

| | トラックバック (0)

黒澤明の傑作に泥酔

1.jpg

「蜘蛛巣城」

参った、本当に参った。
ボッコボコに打ちのめされた。
あまりにも恐ろしい映画だ。
何度も観たのだが、観るたびに感動の度合いが増す。

続きを読む "黒澤明の傑作に泥酔"

| | トラックバック (0)

加藤雅也

img20050321.jpg

「帝都物語」で彼を知ったんだけど、
本格的に注目するようになったのは、ドラマ「Jr.~愛の関係~」から。

かなり昔のドラマだから、知ってる人は少ないと思う。

以後、これといった映画やドラマに出てなかったが、
↑オレが知らなかっただけかも(^^;
傑作「荒ぶる魂たち」を観て、凄く好きになった。

「BROTHER」の、慣れない“巻き舌台詞”は
観ていて(聞いていて)痛々しかったが、
影のある男や破滅的な役をやらせると、
これほどハマる役者はいないと思う。

個人的には・・・「女殺油地獄」をリメイクすることがあったら、
加藤雅也に与兵衛を演ってほしい。
(堤真一より似合うと思う)

ただ、五社英雄ほど力のある映画を撮れる人がいないので、
ここは、塚本晋也に御登場願いたい。

他に良い監督いないかな?

| | トラックバック (0)

どついたるねん

d.jpg

傑作「どついたるねん」。
監督は、大阪が生んだ鬼才・阪本順治監督。

主役を演じた赤井英和が大好きだ。

以前、彼のボクサー時代のドキュメントを観て泣いた。

高校時代の武勇伝も凄まじく、所謂、ヤンキーのそれとは違う。

日本一ドギツイ下町・阿倍野、西成、花園で
ロケを考えていたという阪本監督のセンスは最高。

7年前、目の前で見た赤井さん、めっちゃカッコよかったなぁ。

| | トラックバック (0)

湯葉が好き

s.jpg

最近、湯葉熱が再燃してきた。

汲み上げ湯葉が一番美味しい食べ方だと思うが、
オレは、プリプリの海老、白身魚、山芋、餅を包んで揚げた「東寺揚げ」が好き。

この「東寺揚げ」を乗せた“柚子風味”の拉麺が京都で食べられる。
日本酒に合う拉麺!
京都に来たら、一緒に行こうぜ>Tちゃん。

続きを読む "湯葉が好き"

| | トラックバック (0)

アレン・アイバーソン

a.jpg

アイバーソンはゲットーの出身であることを決して隠そうとはしない。

「オレはオレだ。人々に受け入れられようが、
そうでなかろうが、オレはハンバーガーやソフトドリンクを売るために、
生き方を変えるつもりなんてさらさら無いからな」

| | トラックバック (0)

奈良ジャーニー【天空の城・4】+妄想

3.jpg

天守閣跡から見える木。
大台ケ原にも、こういう立ち枯れたやつが一杯あったな。

続きを読む "奈良ジャーニー【天空の城・4】+妄想"

| | トラックバック (0)

平井堅じゃないヨ!

img20050319.jpg

ついこの前、保釈されたばかりのショーケン主演・「股旅」。
まぁ~ATG映画っていうこともあって、濃い!
恐ろしいくらい、濃い!
ハリウッドの才能が集結しても絶対作れない(作らない)作品。

ちなみに、右の役者さんは平井堅ではありません!

音楽も映像も役者の演技も、とにかく匂いが漂ってきそうなほどの迫力。
最近の映画は何となく見応えないなぁ~なんて思ってる人、オススメです。
ただし、強い精神力がないと、速攻で爆睡するでしょう・・・

続きを読む "平井堅じゃないヨ!"

| | トラックバック (0)

奈良ジャーニー【天空の城・3】

s-pitP2060117.jpg

凍てつくような寒さの中、天守閣跡へと歩いてゆく。
今にも落武者の亡霊が出てきそうな雰囲気だ。

妄想だが・・・・・
ダーレン・アロノフスキーデヴィッド・リンチとこの城址へ来て、
一緒にフォト・セッションしてみたい。
城に興味のある海外の映画人っていないのだろうか。
城・・・というより、城址に興味のある映画人。

奈良映画を撮り続ける河瀬直美サンも連れてきたい。

続きを読む "奈良ジャーニー【天空の城・3】"

| | トラックバック (0)

奈良ジャーニー【天空の城・2】

1.jpg

正規のルートから登らなかったので、ケモノ道みたいだった。

急峻な坂をドンドン登って行くと、こんな光景が。
友人と歓声を上げる。

続きを読む "奈良ジャーニー【天空の城・2】"

| | トラックバック (0)

奈良ジャーニー【天空の城・1】

miyage.jpg

天空の城に向かう途中に寄った土産物屋にて。
「まheart01げ鏡」か・・・。
月に何本売れるのだろう?
利益はあるのだろうか。

続きを読む "奈良ジャーニー【天空の城・1】"

| | トラックバック (0)

奈良ジャーニー【幕末編】

1.jpg

明日香村を出発し、高取藩と天誅組が戦った「鳥ヶ峰古戦場跡」へ。

司馬遼太郎の傑作短編「おお、大砲」の舞台となった場所。

いやぁ・・・しかし、なーんの風情も無い所ですわ。
「鳥ヶ峰」という名前からして、もう少しドラマチックな
情景を期待していたのだが・・・。
でも、ここでめげてはいけない。
想像力と妄想を働かせ、往事を「これでもか!」と述懐するのだ。

続きを読む "奈良ジャーニー【幕末編】"

| | トラックバック (0)

君は住谷を見たか

sumitani001.jpg

レイザーラモン・住谷正樹。
関西お笑い界で異彩を放つ漢。

腰グルンブルンの凄まじい芸風がいつまで持つか・・・
・・・いや、本人は持たせようと思ってない素振りだ。
だから、理屈ぬきで面白い。
濃いので早く飽きられるかもしれぬが、
もしかすると、普遍的キャラとして生き残るかもしれない。

TBSの「バク天」という番組で、彼の勇姿を観てみよう。
(俺は観れない・・・orz)
悪寒がするか、狂笑の滝つぼに落ちるか。
心して観よ。

| | トラックバック (0)

Juliette & the Licks featuring Juliette Lewis

img20050315.jpg


最近、目立った活動してないんじゃない?

「ケープ・フィアー」のルイス嬢は、とてもキュートだったなぁ・・。

ブラッド・ピットと共演した「カリフォルニア」ではオツムの弱い少女を熱演し、
「フロム・ダスク・ティル・ドーン」では、足フェチのタラ坊の餌食になった。

そのルイス嬢が、な、な、なんと!
フジロックに来るのだ!
これは大仰天ニュース!!

続きを読む "Juliette & the Licks featuring Juliette Lewis "

| | トラックバック (0)

M氏の支店で食事

日本屈指のレストラトゥール・M氏の支店で食事。


この日は、初めて会う人が2人もいたのでさすがに緊張。
話すのに夢中で、前菜の写真を撮り忘れた(^^;
魚のフランに、ブールブランソースがかかったものだった。
上に豊潤なオマールのムースが乗っていて、とても美味しかった。

・・・やっぱ酒呑む以外では、親しい人と食事するのが一番だなぁ。

続きを読む "M氏の支店で食事"

| | トラックバック (0)

スカパラ新譜で眠気スッキリ

ska.jpg

スカパラの新譜「ANSWER」買いました。 やっぱ超絶にカッコイイ!

茂木の欣チャンが嬉々として唄い上げる「世界地図」始め、「Smoky Town」、
「悲しみの向こう側」が今のところマスト。
しばらくの間、通勤時間の友になりそう・・・。

鮮やかなブルーのスーツでバシっと決めたメンバー達。
加藤さん(ド真ん中)、最近益々ダンディになってます。
つーか、GAMO(左端)、クソみたいに渋い。

黙っていても、ズンズン進化するスカパラ。
その進化っぷりが美しいっす。

続きを読む "スカパラ新譜で眠気スッキリ"

| | トラックバック (0)

おいしい水をゴクゴク飲むのさ

1.jpg
♪Agua de beber Agua de beber camara

この季節になると、ボサノヴァ聴きたくなるね。
超・名曲「おいしい水」は、これまで色んな人が唄ってきたけど、
中でもフランク・シナトラのが凄ーく渋い。

真夏の昼下がりには、アナ・カランがピッタリ。
・・・・・・と、いうことで、ココで「おいしい水」を飲みました。

続きを読む "おいしい水をゴクゴク飲むのさ"

| | トラックバック (0)

京都のポスター

p1.jpg

京都の観光ポスターは、いつ観ても美しい。




p2.jpg

これは、京都・伏見出身の俳優、西村和彦を起用したポスター。
キャッチコピーが良いね。

| | トラックバック (0)

最近出会ったワンコ

1.jpg

円山公園のワンコ。
「いも●う」の飼い犬?

しっかし、こっち向かねーな。

続きを読む "最近出会ったワンコ"

| | トラックバック (0)

山奥のカフェ

img20050307.jpg

四万十川上流で遊んだ後に寄ったカフェ。

サングリエが出てきても不思議ではないくらいの山奥。

続きを読む "山奥のカフェ"

| | トラックバック (0)

AFRA+タモリ

afra.jpg

ちょっと重いかもしれないけど、観て下さい。

改めて書くこともないだろうけど、AFRAってカッコイイですね。
タモリもお上手!

| | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »