« ひっさびさの剛腕シェフのビストロと餃子スタジアム | トップページ | はつ恋の ~What's Going On~ »

和歌山ジャーニー10【世界遺産の温泉】

川湯温泉でお湯と戯れたあと、湯の峰温泉へ移動。



img20050514.jpg


ここは6年振り。

明朝、この「湯筒」(写真)で何か茹でてやろう。

傍には世界で唯一、世界遺産に登録された温泉「つぼ湯」があります。





さ、歯を磨いて寝よ・・・。

a.jpg

「朝だよーーーーーーっ」

いやぁ・・・気持ちの良い朝だこと!
温泉街らしく、湯気がモウモウと立っております。
旅先の朝は、目覚めが良い。

しっかし夕べは寒かったー。
車の中にベッドを作り、毛布を被って寝たんだけど、
冷えがきつくて熟睡出来ず。
明け方、Kが俺にモソモソと擦り寄ってきたのでキモいのなんの・・・
朝、「お前、明け方に擦り寄って来ただろ?」と、突っ込んだら、
「余りにも寒かったので、つい・・・」だって。


「朝風呂入るぞコノヤロー!」と、勇んで温泉へ。
おっっっ!「つぼ湯」@世界遺産温泉が見えてきた!
c.jpg



img20050522.jpg

この写真はTBS「世界ふしぎ発見」の映像。
「つぼ湯」に入るレポーター。

係りの人に言ったら、「つぼ湯」は待ち時間40分との事。
しかも、前来たときより、めっさ値上げしてる・・・
むうぅ・・・許せぬ。
世界遺産登録に便乗し、ここぞとばかり値上げしたのだろう。

前に来たときたっぷり入ったので、今回は共同浴場の方に行こう。

まーとにかく、泉質が良い。
ほんのりと香る硫黄、やや熱めのお湯。
ざぶざぶと湯船からこぼれ出る湯の花・・・。
湯船は、ヒノキよりも貴重な高野槙?
小ギレイな温泉施設より、ずっと魅力溢れる鄙びた温泉。

手足とチ●ポをビーンと伸ばして寛いでいると、←バカ
地元のオッチャンたちが入ってきたので、しばし談笑。
普段、知らない人との触れ合いが面倒臭い俺でも、
このときばかりは饒舌になる。

それにしても、地元民が羨ましい・・・こんな温泉があっていいなぁ。

ただ・・・長湯は出来ず。
昨日入った「らくだ湯」、「川湯温泉」は、ぬるめのお湯だったので、
ここのお湯が「熱湯コマーシャル」並みに熱く感じた。

|

« ひっさびさの剛腕シェフのビストロと餃子スタジアム | トップページ | はつ恋の ~What's Going On~ »

旅&史跡巡り」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177450

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山ジャーニー10【世界遺産の温泉】:

« ひっさびさの剛腕シェフのビストロと餃子スタジアム | トップページ | はつ恋の ~What's Going On~ »