« 気になる肉体派芸人2人 | トップページ | Cinghiale »

和歌山ジャーニー11【湯の峰温泉ハイク】

朝風呂でさっぱりしたあと、湯筒にて、卵とサツマイモを茹でる。

原始的な朝食にワクワク。

img20050517_1.jpg


界隈の旅館からモゾモゾと出てきた宿泊客たちも、

ここで思い思いに“色んなもの”を茹でていた。



パスタとか茹でたら、硫黄臭くなるかな。



つーか、女性が茹で立ての卵を思いっきり落として

階段がカラーボール破裂後みたいになってたのにはワラタw

img20050517_2.jpg

茹で上がるまで、界隈を散策。
「日本一小さな朝市」をやっていた。
いいなぁ・・・こういう雰囲気大好き。

img20050517_3.jpg

この草履を履いて熊野古道を歩いてみたいなぁ。
矢田亜希子とかSoweluに履かせてみたい。
「痛い~」っていう歪んだ顔を見てみたいぜw

img20050517_4.jpg

茹で上がったサツマイモ君。
ホクホクしていて甘くて、とても美味しかった。
こういうところで食べると、異様に旨く感じる。

これに、昨日仕入れておいたキスの干物と完熟トマト、ゆで卵をプラス。

・・・・・さ、この後は「あづまや」で入浴だ。

|

« 気になる肉体派芸人2人 | トップページ | Cinghiale »

旅&史跡巡り」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177444

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山ジャーニー11【湯の峰温泉ハイク】:

« 気になる肉体派芸人2人 | トップページ | Cinghiale »