« 遊廓【奈良へ行ったついでに~】 | トップページ | まるまるカフェ@ならまち »

疾走する舞妓

maiko.jpg

京都の後輩宅で飲み会を終えた後、ひとり、ぶらぶらしながら帰途に着く。

いつも通りかかる宮川町で、舞妓を発見。
この界隈で見かける舞妓は、すっげー早足!

先日は、為末ばりにダッシュする舞妓を見た。
toriyasa.jpg

後輩宅に行くときに通りかかった「鳥彌三」。
龍馬が通った鳥料理屋さんです。

この本を、久し振りに読む。
色々考えさせられたが・・・
売春容認派のレトリックと、売春反対派のレトリック・・・
どちらの主張も理解できる。
これは、どんな世界でも共通することなので、
どちらか一方が「正しい」ということは、無い。

哀しいかな、必要の無いものは淘汰され、消えゆく運命にある。
そこに強い郷愁や様々な想い・哲学を持つのは自由だし、
人間としてそういうものに惹かれるのは当たり前の事だと思う。
ただ、昔は良かったという思いに縋りすぎると、真実は見えてこない。
(真実なんて見なくて良いのかもしれないけど)
現代に文化として立派に存在していなければ、
きちんと語り、知る事が出来ないから厄介だ。
信用に足る文献や資料を読んでも、不十分である。
生き証人はノスタルジーに浸り過ぎる傾向があるので、何でも美化したがる。
だから、信用できない。
私は、歴史を知ってゆけば知ってゆくほど、それを外部にしたくなる。
現代に生きる我々は、歴史を簡単に扱ってはいけないのだ。

|

« 遊廓【奈良へ行ったついでに~】 | トップページ | まるまるカフェ@ならまち »

京都D’OR」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177361

この記事へのトラックバック一覧です: 疾走する舞妓:

« 遊廓【奈良へ行ったついでに~】 | トップページ | まるまるカフェ@ならまち »