« 鼻腔を破壊する、淫靡な街① | トップページ | 鼻腔を破壊する、淫靡な街②新世界篇 »

福島区の名店?

先日、福島区の名店でディジョネを。



洗練とは程遠いし、ネットでは叩かれてたりするんだけど、

こういう店の存在意義は大きいよ。

実際、フレンチを食べなれた人にもウケがいいし・・・・

っていうか、好き嫌いのハッキリと分かれるビストロ。

この店の魅力が分かる人は、よっぽどの「スキモノ」でしょう・・・良い意味でw



この日、前菜に出た何の変哲も無いサラダ。

salad.jpg

前の日、夢で「オリーヴ食べたい!」って叫んでいたんだけど、

まさか、本当にオリーヴが出てくるとは!

あーーー旨い。

ごっついタプナードも効いているから、ドライシェリーが欲しくなる。

それにしても、ヴィネグレットの濃ゆい事~。

大○シェフ、本当に剛腕なんだから!(一歩間違うとヤバイぞ)



前日の夜、同業者と「ヴァ○エ」のディネを堪能したばかりだったから、

この店の粗雑な味わいが新鮮に思えて思えて仕方が無かった(笑





メインの「マナガツオと松茸のキャベツ包み」。

o2.jpg


あまーい、あまーいキャベツの中に、これまた甘ーーいマナガツオが。

“本物の”松茸の香りとマナガツオが相まって、

口中で至福の味わいが暴発する。

たっぷりのアサリや、ワイルドライス、玉ねぎを炒め倒したものが、

良い塩梅にガルニとして活躍。

っていうか、塩辛い。。。

舌が悲鳴を上げたけど、これがいいんだよ。これが。



o3.jpg


このあと、チーズ(ルブローション最高!)を食べ、終了。



パリの「ル・グルマン・カンディ○」の、伸びたような感じ(←?)を

味わわせてくれる店だと思うんだけど・・・

俺の思い込みだろうかw

img20050917.jpg


(↑「ル・グルマン・カンディ○」・・・まだあるのかな?)






普段使いできる、偉大なビストロ。

「レストラン」も良いけれど、こういうお店もいいものです

|

« 鼻腔を破壊する、淫靡な街① | トップページ | 鼻腔を破壊する、淫靡な街②新世界篇 »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177324

この記事へのトラックバック一覧です: 福島区の名店?:

« 鼻腔を破壊する、淫靡な街① | トップページ | 鼻腔を破壊する、淫靡な街②新世界篇 »