« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

KURO-CHANG

inu.jpg

前の彼女が好きだったんだよね、この犬。
本当に良い奴。
いつもマキシマムな愛想で出迎えてくれる。
不機嫌な時が無い。
飼い主のオジイチャンも、凄く良い人。

久し振りに、KURO-CHANGを撫で回したいなぁ。

| | トラックバック (0)

モーターサイクル・ダイアリーズ

img20050922.jpg

偉大すぎる革命家「チェ・ゲバラ」。←是非、読んでみてください。
(ゲバラは、坂本龍馬のことをリスペクトしていたそうです)
お暇な方はもういっちょ。
これは読みやすくて面白い。

確か、サンダンスで絶賛されたんだっけ、この映画。
久し振りに秀逸なロードムービーを観る事が出来てよかった。

続きを読む "モーターサイクル・ダイアリーズ"

| | トラックバック (0)

坂田、敗北。

img20050920.jpgWBA世界フライ級タイトルマッチ「ロレンソ・パーラ×坂田健史」。

世界戦なのに、この盛り下がりっぷりは何だったんだろ・・・。

今や、年寄りしか観ない大相撲と張るくらい人気無いなw

(相撲は救いようが無いけど)

ちょっと期待してたんだけどな・・・坂田。

やっぱりPRIDE(K-1は終わってるけど)みたいな総格や、

柔道のほうが、盛り上がるね。



この世界戦、竹原慎二のコメントが一番的を射ていた。

「わずかな差のドローか、パーラだと思っていた。

パーラは見栄えがよかった。

坂田は根性とスタミナは勝っていたが、正直すぎた」。

もう、このコメントに尽きる。

アホなバラエティに出てないで、ボクシングの啓蒙活動に力入れて欲しい。



しかし、亀田は良いキャラだなぁ・・。

世界戦、めっさ盛り上がるだろうね。

| | トラックバック (0)

オレンジ色の月が鎔けて♪

1.jpg

世界遺産の「下鴨神社」で行われた名月管絃祭に行ってきました・・・。

続きを読む "オレンジ色の月が鎔けて♪"

| | トラックバック (0)

中書島遊廓跡②~LABYRINTHE~

1.jpg

この建物が、一際目を引いた。

続きを読む "中書島遊廓跡②~LABYRINTHE~"

| | トラックバック (0)

鼻腔を破壊する、淫靡な街③

1.jpg

関西屈指のデカダンス映画館「新世界国際劇場」。
地下劇場も凄い。
つーか、ここで「マイ・ボディガード」とか「オペラ座の怪人」とか
観る気にならんなw

続きを読む "鼻腔を破壊する、淫靡な街③"

| | トラックバック (0)

伏見ハイク 【寺田屋】編

1.jpg

先日書いた、長建寺の前。

観光客に人気絶大の十石舟が波を立てている。
交通の要所だったから、さぞかし栄えたんだろうなぁ。

続きを読む "伏見ハイク 【寺田屋】編"

| | トラックバック (0)

若草山のバンビ&オニヤンマ

1.jpg

奈良・若草山。
ここから望む奈良盆地や東大寺は、まるで悠久絵巻。
(ちなみに、映画「沙羅双樹」の主題歌@UAは、ここで録音された)

奈良公園の鹿とは、また違った個性と可愛らしさのある若草山の鹿。
エサを貰おうと躍起になることなく、ゆったりと草を啄んでいる。

続きを読む "若草山のバンビ&オニヤンマ"

| | トラックバック (0)

中書島遊郭跡①~LABYRINTHE~

1.jpg

“おけいはん”の中書島駅を降りると、
すぐに中書島遊郭があったところに出る。
今は普通の商店街だけど、一種独特の雰囲気を感じ取る事が出来る。

続きを読む "中書島遊郭跡①~LABYRINTHE~"

| | トラックバック (0)

伏見ハイク 【朱塗りの長建寺】編

1.jpg

伏見にある長建寺の塀。

続きを読む "伏見ハイク 【朱塗りの長建寺】編"

| | トラックバック (0)

伏見ハイク 【魚三楼・弾痕】編

1.jpg

伏見というか、京都を代表する料亭・魚三楼
1764年(明和元年)に創業した超・老舗料亭である。

表格子に、鳥羽伏見の戦いの際に出来た弾痕が、今でも保存されている。
(「長崎花月」の刀傷のような、偽物ではありませんよ)

続きを読む "伏見ハイク 【魚三楼・弾痕】編"

| | トラックバック (0)

BU●BERRYのアウターげっつ!

BU●BERRY BLACK LA●ELのアウターを購入。

img20050911.jpg


秋の京都散策用にと思い、スポーツタイプのものにした。

早く着たいなぁ。。。





いやー、それにしても、店にあったアイテム全部欲しかった。

レディースも見たけど、可愛いし、スタイリッシュだし、エレガントだし。

オレが女だったら、買い捲るかも。

BU●BERRYって、一昔前まではベタなイメージがあったんだけど、狂おしいほど進化してる。

着こなしの上手い人がこのブランドを着れば、間違いなく鬼に金棒。

良い服を着ると、本当に気分が良くなる。

| | トラックバック (0)

韓流に負けた・・・?

rr.jpg

「猟奇的な彼女」
主役のオンナノコ(全智賢)が可愛いと評判だったので、観ました。

私は、ちょっと嫌韓気味なところもあるので
韓国映画は一生観ないだろうと思ってたんだけど・・・
この前、友達から強烈に薦められた「オールドボーイ」の
面白さに深いボディブロウを入れられ、
日本映画が「機械乾燥の干物」みたいに感じてしまった。

続きを読む "韓流に負けた・・・?"

| | トラックバック (0)

「赤線」を観た

a.jpg

a1.jpg

a2.jpg

「AKA-SEN」を観た。
ハッキリ言って、イマイチ。
「赤線」を撮るにしても、「遊廓」を撮るにしても、「遊女」を撮るにしても・・・
あー何だか、神代辰巳が生きてたら・・・と、つくづく思う。
いや、神代辰巳×藤田敏八×深作欣二×豊田利晃のような感性を持つ監督がいたらなぁ・・・

続きを読む "「赤線」を観た"

| | トラックバック (0)

市場の中のビストロ

d.jpg

7年振りに、天神橋筋のビストロへ。

大阪の下町(つーか、北摂と梅田の一部を除いて、
大阪は全区域が下町)の、市場ん中にある店。

d1.jpg

ギンガムチェックのテーブルクロスがチープで(いい意味で)いいねぇ・・・
隠れ家的雰囲気が、好奇心を擽る。
BGMに、ダサいフレンチポップスでも流れてたらいいのにな。

続きを読む "市場の中のビストロ"

| | トラックバック (0)

「月曜日のユカ」とか・・・

最近、何本か映画を観た。

映画を観るのも大分飽きてきたので、しばらく離れるかも・・・

(ここ数年、面白い映画はあるけど、“良い映画”が無いからつまらん)



yukarin.jpg


モダニスト・中平康の「月曜日のユカ」。

コケットな魅力を振り撒く妖精・加賀まり子がキュート!

しかし、誰でもそうだけど・・・年をとっても声だけは変わらないなぁ。

続きを読む "「月曜日のユカ」とか・・・"

| | トラックバック (0)

東福寺の庭で宇宙を感じ・・・

先日、「壬生義士伝」のロケ地に使われたことがある、東福寺に行ってきた。

toufuku.jpg


何度も来たところなんだけど・・・

最近、重森三玲が最注目されているので、再訪してみた。

何処の庭でもそうだが・・・見る人の感性を、これほど鍛えてくれるものはない。

何も残っていない史跡に想いを馳せるのもいいけど、

史料に頼ってまうから、それに甘えてしまって、感じることが希薄になる。

続きを読む "東福寺の庭で宇宙を感じ・・・"

| | トラックバック (0)

村田雄浩さん、ナイスガイ。

murata.jpg

これ、京都四條南座で演ってます。
かなり評判が高いらしい。

楽屋口で、名脇役・村田雄浩さんと遭遇!
いやぁ・・・すっげー良い人!
この日は「壬生義士伝」のロケ地に行った帰りだったから、
この作品に出ている村田さんと出会えたのも、何かの縁?

全ての人のサインに気軽に応じ、カメラを向けるとポーズまでとってくれた(笑
(私は、芸能人のサインや握手に、全く興味はありません。見るのは好き)

日本のフィリップ・シーモア・ホフマン。
これからも応援します。

オレより、かなり小さかった。
テレビに映る村田さんは大きく見えるのになぁ・・・
murata2.jpg

| | トラックバック (0)

奈良ホテルは居心地抜群

n1.jpg

クラシカルホテルの名門「奈良ホテル」。
近くには、東大寺や奈良公園、春日大社、興福寺五重塔などの
超・名所があり、そのトリップ感は恐ろしいほど。

奈良に来るたびに、お茶しに来ます。
一回くらい、宿泊しないとね・・・。

見よ!
この堂々たる桃山御殿風総檜造り・木造2階建ての荘厳たる建物を!
白いスーツを着た三国連太郎が、ロールスロイスで乗り付けても
全く浮かない世界じゃないか?

続きを読む "奈良ホテルは居心地抜群"

| | トラックバック (0)

RYOMA展と、方広寺

r2.jpg

今夏、京博で開催された龍馬展へ行った。
「龍馬ファン」を公言するんだったら、遠くても忙しくても行かなくちゃね。>Tさんw
一昨年は近くに住んでいたから5回くらい行ったかな・・・
今回は、一昨年を凌ぐスケールだった。

私は「坂本龍馬が好き」と、あまり言いたくない。
漫画や小説のせいで、イメージが大きく膨らみすぎているというのもあって、
ファンに「痛いやつ」が多すぎるからである。
そういう人たちと、同類に見られるのは恥かしい。

続きを読む "RYOMA展と、方広寺"

| | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »