« お稚児でGO GO!! | トップページ | お買い物 »

和歌山の銘店②

カルトのメニュー@セコンド。

4.jpg


さすがに安い。

都会の半値くらい。

東京で同じような内容のものを食べたら、倍はする。



1.jpg

この中から「うさぎとつる紫のオレキエッテ」と
「ストロッツァプレティ、さざえと椎茸の肝和え、ジェノベーゼ風味」をオーダー。


「うさぎとつる紫のオレキエッテ」(写真は無し)
優しく香るウサギ肉が美味しい。
今まで食べたウサギ肉の中で、一番肉感を感じたかも・・・。
上に乗った姫人参の甘くて濃いこと!
苦くてほんのり甘い、つる紫とオレキエッテの粉の旨味が意外と良く絡んでいて美味。

「ストロッツァプレティ、さざえと椎茸の肝和え、ジェノベーゼ風味」
3.jpg

これ、逸品です。
磯を丸ごと食べているようなパスタ。
ジェノベーゼが入っているとは思えないくらいの味わい。
苦味が素晴らしく効いていて、椎茸とサザエの、
良く似ながらも全く違う味わいの両者の鬩ぎ合いが、口中で幸せに対決する。
ワインより、ビールを欲するパスタ。
これは奥深い一皿である。
肝の風味が、臭覚全体を海にした。

このあと、ドルチェ(栗のポタージュとキャラメルジェラート)と
薫り高く、熱いコーヒーを頂いて食了。

5.jpg

帰りに、クロークでギャルソンと再び談笑し、有益な情報を得る。
(「キュイエー●」、東京進出!)

近くにあったら、しょっちゅう通いたくなるような店。
雰囲気だけは良い、地方にある痛いレストランではない。
地方から全国へ、きちんとホンモノの美食を発信出来る、稀有なレストランである。

|

« お稚児でGO GO!! | トップページ | お買い物 »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177289

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山の銘店②:

« お稚児でGO GO!! | トップページ | お買い物 »