« 角屋の魅力【壱】 | トップページ | 角屋の魅力【参】 »

角屋の魅力【弐】

sumiya.jpg


島原の 角屋の 塵は

なつかしや 元禄の塵 享保の塵


吉井勇


※この歌は、歌人・劇作家の吉井勇(東京生まれ・1886~1960)が
明治末年頃に角屋で詠んだものだそうです。

|

« 角屋の魅力【壱】 | トップページ | 角屋の魅力【参】 »

京都D’OR」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177254

この記事へのトラックバック一覧です: 角屋の魅力【弐】:

« 角屋の魅力【壱】 | トップページ | 角屋の魅力【参】 »