« 湖国 ラ・シーガ!! | トップページ | 最近、聴いている音たち »

血と骨

img20051203.jpg

私は、日韓問題について語りたくは無い。
非常に微妙な問題だからだ。
この映画は、単なるエンターテインメントとして鑑賞するべき。

原作は、相当強烈らしい。
読んでから観なくて良かった・・・。

エグい描写はあるし、役者達の演技はハイテンションで素晴らしい。
・・・が、脚本が弱いので、胸に迫り来るものが無い。

ハッキリ言って、ラブシーンが一番秀逸だった。
河瀬直美の傑作「火垂」で、鮮烈な印象を残した中村優子が素晴らし過ぎる・・・
胸をド突く、儚げな魅力に陶酔!
たけしとの絡みは、迫力があって、見応え十分だった。
これくらい生々しく裸体を晒してくれないとね・・・。

それにしても、実際の金俊平は、どれくらい凄い人だったんだろう・・・
時代が産み落とした怪物。
本当に不可思議な人だ。

|

« 湖国 ラ・シーガ!! | トップページ | 最近、聴いている音たち »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177246

この記事へのトラックバック一覧です: 血と骨:

« 湖国 ラ・シーガ!! | トップページ | 最近、聴いている音たち »