« HIDEKI | トップページ | 京の雪景色 »

京の冬の味覚

sss.jpg

京都の冬の味覚と言えば、「千枚漬」。
京野菜のひとつ、“聖護院かぶら”を専用の鉋で薄く切り、
(職人さんは「掻く」というそうです)樽で漬けます。

昆布と甘酢の助けを借りた「かぶら」が、口の中で美味を奏でます。
冷酒との相性もいいし、勿論、ご飯のお供にも最高。

この千枚漬、幕末に誕生したそうです。

もっと昔からあるものだと思っていたので、意外でした。

発案者は、京都御所の料理方だった大藤藤三郎。

千枚に削ったかのように思われるその姿が、名前の由来だそうです。

|

« HIDEKI | トップページ | 京の雪景色 »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177231

この記事へのトラックバック一覧です: 京の冬の味覚:

« HIDEKI | トップページ | 京の雪景色 »