« RAKUSUI 7代目×11代目植冶 | トップページ | 最近、行った店@友人と »

FIGHT CLUB

img20060215.jpg

FIGHT CLUBは、公開前から話題騒然だった。
わざわざ休みを取り、初日に観に行った事を思い出す。
あの時のワクワク感は、未だに忘れられない。
(テレンス・マリックの「シン・レッド・ライン」も)
しかし、さほどの感動は無かった。
・・・が、そのあと再見したら、異様に面白く感じた。
もう、かれこれ10回以上は観ている。
観るたびに味わい深くなる映画だ。

大したストーリーじゃないし、ダンディズムもデカダンスも
ロマンティシズムも無いのに、何故こんなに魅力的な映画なのか。

ま、ハッキリ言って、ブラッド・ピットが抜群にカッコイイのと、
愛すべき欠点が満載の映画なので、面白いのだ。

もうひとりの主役であるエドワード・ノートンが、
「この作品は、エル・グレコの絵みたいだ。
不気味であり、狂気を感じさせる。
誰も体験したことの無い映画だ」
・・・・・と、言っていた。
言い得て妙!

仏教には、解脱と輪廻がある。
輪廻と言う試練があるからこそ、人は解脱するために経験を重ねてゆく。
綺麗に言えば、これがFIGHT CLUBのテーマだぴょん。

|

« RAKUSUI 7代目×11代目植冶 | トップページ | 最近、行った店@友人と »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177207

この記事へのトラックバック一覧です: FIGHT CLUB:

« RAKUSUI 7代目×11代目植冶 | トップページ | 最近、行った店@友人と »