« 最近、行った店@友人と | トップページ | トリノの・・・・・妖精(!?) »

MAIKO

maiko.jpg

昨年末、ジャンルは違えど同業者達の開催するイベントで、舞妓たちの踊りを鑑賞した。

「祇園小唄」---------
月はおぼろに東山・・・で、ある。
とにかく、美の極致。
指先・つま先まで、完全に美神経が行き届いている。
素晴らしい。

前々から遊廓に興味はあれど、花街の文化には疎かったのだが、

詳しい友人(島原の有名な太夫さんと知り合いでもある)の影響で、

俄然、花街に興味を持ってしまった。



とにかく、花街(「かがい」・・・京都特有の呼び方である。通常は「はなまち」と言う)は、

調べれば調べるほど迷宮に迷い込むような面白さと、良い意味での「怖さ」がある。

相当な知識・マナー・立ち居振る舞い・資金が無いと、

花街の文化を体験することは出来ない。



勿論、花街は「春」を売る所ではなく、「芸」を売る所。

一般の人は、未だに舞妓・芸妓(関東では「半玉」・「芸者」と呼ぶ)の事を、

少し誤解(水揚げなど)してらっしゃるようなので、正しい文化を知って欲しい。



勿論、遊廓と花街は違う。

遊廓は、春を売る場所。

花街は、芸を売る場所。

どちらも、非常に面白い文化を持つ。



興味のある方は、こちらをどうぞ。

|

« 最近、行った店@友人と | トップページ | トリノの・・・・・妖精(!?) »

京都D’OR」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177183

この記事へのトラックバック一覧です: MAIKO:

« 最近、行った店@友人と | トップページ | トリノの・・・・・妖精(!?) »