« 美味・ワカサギ | トップページ | 京の宵を彩る灯り・壱 »

神戸らしいレストラン

1.jpg

先日、ココへ行きました。

【アミューズ】
★牛蒡のポタージュとセニャンの牡蠣
粗めにクラッシュした牛蒡が甘い香りを放つ。
ジュースたっぷり・・・だが、主張し過ぎない牡蠣とのマリアージュが丁度良い。
まずは、快適なスターター。
2.jpg

【前菜】
★イチゴを乗せたブーダンノワール、根セロリのピュレ。
口に運んだ瞬間、ショコラ?と、思ったほどキレを感じたブーダンノワール。
濃厚さの中に、ヒラリとした軽さがある。
イチゴとの取り合わせも奇を衒ってる感じはなく、真っ当に思えた。
シェフの手腕に感動。
根セロリのピュレも香りが存分に立っていて、味覚・触覚・臭覚を楽しませてくれた。

3.jpg

【主菜】
★仔鴨の胸肉と大根、フォアグラのポワレ、蛸のフュメ、ポルト酒ソース。
ふにゃらけたソースの多い昨今、この濃厚豊潤なソースが素晴らしく感じられた。
ソースは、フランス料理の命であると同時に、最もクリエイティブな仕事が要求される。
一μでも気を抜けば、大きく味が変わってしまう「畏れ」がある。
鴨のキュイッソンも完璧だったし、そこへ蛸のフュメを持ってきたところが面白い。
フォアグラ・・・これはフランス産のものだったのだろうか?
だとしたら、輸入禁止前の物だから貴重だったな。

4.jpg

【フロマージュ】
★デリス・ド・ポマール
ブルゴーニュ地方のフロマージュ。
熟成度が抜群だった。
10種類くらいある中から、ギャルソンヌに選んで頂いた。
さすがにお薦めのものだけはあり、極上の味わい。
パンも最高に美味しかった!

【デザート】
●洋梨のグラニテと抹茶のムース
●イチゴのティラミスと練乳のソルベ
【コーヒー、小菓子】

5.jpg

神戸らしい、ミニマムでコージーな店。
料理はあまり奇を衒わず、オーセンティックで味付けはしっかり目。
接客も過不足無し。

客は、我々一組だけだった。
平日・・・それも月曜だったから仕方ないけど、何だか寂しいなぁ。
最近、Jムーラン系の店が落ち着いてきたので、
Cシノワ系の逆襲(?)が始まるかも。
コストパフォーマンスが高いので、再訪する価値あり。


実は、つい先日まで食欲が70パーセントくらいだった。
仕事中も味見・試食をしなくてはいけないので、キツかった・・・。
仲間内の食事会が少なかったのが救いだったけど。

|

« 美味・ワカサギ | トップページ | 京の宵を彩る灯り・壱 »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177184

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸らしいレストラン:

« 美味・ワカサギ | トップページ | 京の宵を彩る灯り・壱 »