« 泉南フレンチ! | トップページ | ひとことでいえばびびんちょ »

祇園の舞妓さん@放生会

1.jpg

祇園・放生会に行った。
やっぱり職業柄、参加しなくてはいけない・・・
というか、舞妓ちゃんに会いたかっただけなのだが(笑


2.jpg

舞妓ちゃんが、二人来ておられた。
この舞妓ちゃんは、豆ちほさん。
思いっきりカメラ目線で応えてくださった写真もあるのだが、
ブログに載せるのは勿体無いのでw、このショットを。

めちゃくちゃ若いのに、貫禄があるし、凄い艶やか。
芸・知識・礼節を仕込まれるからこその風格がある。


↓これが、放流。
3.jpg

このようにして、鯉(鯉ヘルペスの影響で、この日は金魚だった)を白川に放す。
※オジサンのアマチュアカメラマンたちのマナー・・・
もうちょっと何とかならんものかねぇ。

4.jpg

夜は、京都五花街の一つ「上七軒」の“都ライト06”へ。
他の花街と違い、ここは静かだったなぁ。
「しっぽり」という言葉がピタリとあてはまる。
格子から漏れる灯りが往時の情景を想像させてくれ、
滞在時間中、ずーっとワクワクしっ放しだった。

水上勉の作品に出てくる遊廓跡にも行きたかったなぁ。
時間が許せば、司馬遼太郎の傑作短編「薩摩浄福寺党」の舞台、
浄福寺にも行きたかった。(前、行ったことあるんだけど)

5.jpg

こちらは、上七軒にある「お茶屋」の内部。
築100年以上で、昨年改装されたそうだ。
この前に行った旧宅では、舞妓や芸妓の古写真も見れたし、
実に充実した一日だった。

時間があれば、もっと濃い事書きたいんだけど・・・残念。

|

« 泉南フレンチ! | トップページ | ひとことでいえばびびんちょ »

京都D’OR」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177148

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園の舞妓さん@放生会:

« 泉南フレンチ! | トップページ | ひとことでいえばびびんちょ »