« エリザベス女王の愛した庭 | トップページ | Azzurriの写真 »

祝・アズーリ!!!

ちょっとブログの方に手が廻らなかったので、今頃って感じだけど・・・

アズーリが優勝して嬉しい。



世間はジダンのヘッドバッド事件に沸いてるが・・・

img20060712.jpg


マテラッツィの暴言は確かに悪い事だが、ジダンは大人気ないな。

完全に晩節を汚した。

いかなる場合でも、暴力だけはダメだ。



で、アズーリ。

トッティはルックスの良さばかり持て囃されてるけど、

もし身体が「完璧な状態」だったら、ジダンが霞むくらいの

パフォーマンスを魅せることが出来たと思う。

(オーストラリア戦で決めたPKは、震えるほどカッコよかった)



デルピエロも動き自体は悪かったが、ドイツ戦の芸術的ゴールと

決勝のPKは彼のセンスが十二分に発揮出来ていたし、

ピルロもガットゥーゾもブッフォンも素晴らしいプレーを魅せてくれた。



で、MVPは、カンナバーロが良かったなぁ・・・。

強烈な背筋痛でも全試合キャプテンマークを

付けてフル出場し、パーフェクトなパフォーマンスを披露。

特に印象深かったのはドイツ戦。

ボールを持ったドイツ選手への素早い寄せと空中戦・・・驚愕。

30代のベテランでは、ネドヴェドと並ぶ超人だ。



それにしても、今大会のアズーリは今までと違っていた。

決勝のPKでの凄まじいまでの精神力!

img20060712_1.jpg


特にドイツ戦では、どんな不利な判定にもキレなかったし・・・。

(フランスが決勝で負けたのは、精神力の弱さがあったんだろうと思う)



それにしても、リッピは良い監督だった。

(クリンスマンも好きな監督)

しかし、彼の采配で1つ残念だったのは、

フランス戦で押し込まれてる時間帯に、トッティをぺロッタに代えたこと。

せっかくフランスのボランチを低い位置で守備させてたのに・・・・・・

トッティがいなくなった途端、フランスのボランチがグーッと上がってきて

ピルロの負担が増大し、DFラインから繋げず終いだった。

ハラハラしたよ・・・。

ついでに言うなら、インザーギかジラルディーノ使って欲しかったなぁ・・・。



そして、グロッソとザンブロッタの両サイドバックも光りまくってた。

ガットゥーゾとカモラネージのフォローが相当利いてたんだろうけど・・・。





で、今話題のガットゥーゾ!

img20060712_2.jpg


その果てしない奇行(←ほんの一部・笑)ばかりが採り上げられているけど、

・無尽蔵の体力。

・徹底した自己犠牲。

・猛犬のような闘争心。

・タッパは無いのに、大きな選手をぶっ飛ばすパワー。

・ファールなんて御構い無しのラフプレー。



永く記憶に残る選手だと思う。



-------------------------------------------------------------------

空港に降り立ったガットゥーゾとザンブロッタ。

あまりにも渋いぜ!(笑)

3.jpg

|

« エリザベス女王の愛した庭 | トップページ | Azzurriの写真 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177135

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・アズーリ!!!:

« エリザベス女王の愛した庭 | トップページ | Azzurriの写真 »