« HAWAII | トップページ | 大和武士(やまと たけし) »

和洋折衷庭園@Kyoto

1.jpg

京都・南禅寺の近くにある「無鄰菴」庭園。
奇兵隊の一兵卒~陸軍総帥にまで登りつめた立身出世の政治家・山縣有朋の元・別邸。

5.jpg

有朋は、京都の一大事業・琵琶湖疎水工事に携わった経験と 英国留学時に得た
庭園の情報を身につけていた為、 作庭に関して深い造詣と主張を持っていた。
3.jpg

明治期は、西洋庭園に関心が集まった時代。
それをいち早くキャッチした有朋は、まず「芝生」を取り入れたあと,池の水深を極端に低くしたり
(造園に適した土地ではないのを逆手に取った画期的アイデア)、
本来の日本庭園なら脇役クラスの樹木であるモミやシイ、杉などを多用。

勿論、「七代目・植冶」の力量に負う所も大きい。

小さな門を潜って中に入ると・・・
眼前に広がる緑濃き東山三十六峰とミニマムな庭の対比が実に面白く、たいへん見応えがある。
十一代目の植冶さんが、「植冶では借景を考慮して庭の設計をしたことはない」
と言っているように、沢山の要素が合体した稀有な庭園。

「七代目・植冶」入魂の壷庭も必見。
2.jpg

細かな所まで入念に計算され作られている。
(光・竹・石・苔の配置など)
飛び散るような竹の葉に反射した光が凄く綺麗で、なんだか花火を眺めている様である。
光と風と土の匂いで、感じ方が刻々と変わる最高の坪庭。


何時間いても、決して見飽きる事の無い名庭である。 
見るというより、五感で感じるといったほうがいいかも・・・。

4.jpg

|

« HAWAII | トップページ | 大和武士(やまと たけし) »

京都D’OR」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177111

この記事へのトラックバック一覧です: 和洋折衷庭園@Kyoto:

« HAWAII | トップページ | 大和武士(やまと たけし) »