« HIGH TIMES----- SINGLES | トップページ | 旅立ち »

花街でお茶会

iemon2.jpg

先日、祇園甲部で行われたお茶会に行ってきた。

まずは、祇園甲部「八坂倶楽部(登録有形文化財)」内にて、
可愛らしい舞妓さんたちと歓談。
(実物は、この百倍綺麗です)

普段は置屋が用意する何枚もの着物から、自分で選択して着るそうだが、
今回は、指定の着物だそうだ。
簪は、紅葉。(紅葉の簪は、紅ではない)

八坂倶楽部の1階から見える庭園の紅葉。
img20061129.jpg

ビルさえなかったら、東山三十六峰が借景になったのに・・・(悔

img20061129_1.jpg

和傘+舞妓さん。
そぼ降る雨とのコラボレーションが良い感じ。

その後、2階へ移動し、「氷出し碾(てん)茶 」を頂く。
岩清水のように峻烈たる口当たりと、まろみのあるコクが素晴らしい!!
周りの人たちも、口々に賞賛の言葉を漏らしていた。
給仕の和服女性も綺麗どころが多く、手馴れていて感じが良かった。(当たり前か)

お茶を頂いた後、芸妓の地唄「口切」の舞。(撮影禁止)
芸妓の小富美さんは、まるで幼窕淑女といった趣の美女であった。

つづいては、6人の舞妓が舞う「祇園小唄」。(撮影禁止)
祇園小唄は何度も観たけど、6人も揃うと壮観の一言。
素晴らしい!!


iemon.jpg

最後は、別の部屋に移動して、豆花さん(凄まじい美女)の立礼式お点前。
(豆花さんの写真を撮れなかったのが残念)

茶菓子は、蛤のお菓子で有名な亀屋則克のもの。
お抹茶は、当然の如く良いお味。
茶菓子も、たおやかな甘味が心地よく口中を満たしてくれた。


八坂倶楽部へ入るのは、今回が2度目だった。
久し振りの訪問だったので、懐かしかったなぁ・・・。
img20061129_2.jpg

|

« HIGH TIMES----- SINGLES | トップページ | 旅立ち »

京都D’OR」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177087

この記事へのトラックバック一覧です: 花街でお茶会:

« HIGH TIMES----- SINGLES | トップページ | 旅立ち »