« 鬼龍院花子の生涯 | トップページ | さようなら、キョウイチ朗 »

SUMIYA--- 秋季鑑賞会・その壱

やっと公私共に落ち着いてきたので、一昨日、京都へ。

廓友・K氏(照明デザイナー)の御蔭で、大変貴重な角屋の夜を体験する事が出来た。





仕事が終わってから、K氏と合流。

五條楽園の遊廓建築を観た後、e●ish(西堀晋デザイン)にて、軽く晩御飯。

e.jpg


その後、タクシーで島原大門の前まで行き、太夫の舞を鑑賞する為、角屋までそぞろ歩く。



*まずは、角屋の外観と玄関を。

●市川 崑の“銀残し”を意識して(笑)撮った角屋の外観。

夜に明かりが灯るなんて、絶対に考えられない事だ。

1.jpg




●通りから、あの「扇の間」が見える!

2.jpg




●角屋の玄関。

3.jpg


ここを、新選組の猛者たちや、清河、久坂、木戸(桂)など、

幕末・明治の要人、谷崎、吉井などの文豪たちが通ったのです。



●2階にも明かりが灯っていて、実に綺麗。

4.jpg






~つづく~

|

« 鬼龍院花子の生涯 | トップページ | さようなら、キョウイチ朗 »

MUSE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177097

この記事へのトラックバック一覧です: SUMIYA--- 秋季鑑賞会・その壱:

« 鬼龍院花子の生涯 | トップページ | さようなら、キョウイチ朗 »