« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

Oeuf

img20061230.jpg

職場で貰った大量の卵を持て余していたら、ツレがオムライスを作ってくれた。
味は普通だったけど(笑)、上手に出来てると思う。

ソースは、市販のデミグラスにリーペリンを少し混ぜ、
ケチャップで味を引き締めたそうだ。

| | トラックバック (0)

衝動買い・・・・

img20061228.jpg


今月初めに、ボーナスで購入したブライ●リングの時計。

やっぱ、腕にズシっとくるのが良いね。

| | トラックバック (0)

牡丹鍋

i.jpg

猪肉の三大産地といえば、伊豆の天城、岐阜の郡上、兵庫の丹波。
(誰が決めたか分からないけど)

中でも、一番有名なのが丹波。
写真の猪肉は、丹波産。

猪の魅力は、何といってもコクの深い脂身にある。
甘く口中で蕩ける魅惑の肉。
白金豚が旨いだの、イベリコ豚が旨いだのと言ったって、
猪肉の旨さには敵わない。
(ま、それは好き好きだけど)

ii.jpg

猪を食べると、身体の芯からグーッと温まる。
その熱の保有時間は、他の肉の追随を許さない。
しかも、煮込むほどに柔らかくなる不思議。

私は、豆腐とキノコ(エノキかシメジ)だけでシンプルに作る牡丹鍋が好きだ。
牛蒡やシイタケを入れると、少し味が濁るような気がする。
この時は、追加でシイタケを入れてしまったけどw

多分、世界一美味しい鍋だと思う。

| | トラックバック (0)

明石鯛の“あらだき”

hamasaku.jpg

鯛の名産地といえば、兵庫の明石。

明石海峡大橋が出来てからと言うもの、潮の流れが変わり、
環境も破壊されて良質な鯛が獲れなくなったと言われているが…
本当のところは、良く分からない。

一度、明石の漁師さんに聞いてみたいものだ。


写真は、明石鯛の「あらだき」。
この名店の名物料理。
鯛のアラから、何ともいえない深い出汁が出ている。
その深い出汁と、醤油・味醂・酒等が卓越した職人技で一体になり、
えもいわれぬ素晴らしい味わいを醸し出す。

その芳醇な汁が、京野菜の堀川ゴボウにギューッと滲み込んでおり、
鯛とのマリアージュも完璧。

海と土の素敵なコラボレーション。

この料理からは、テロワールを存分に感じる事が出来る。
京料理の真髄だ。

器は、あの河井寛次郎先生の作。

逸品です。

| | トラックバック (0)

2006年バトン

img20061222.jpg


※某SNSで書いたやつだけど、コチラでも。

続きを読む "2006年バトン"

| | トラックバック (0)

宇治茶

img20061221.jpg

画像を小さくしすぎたので、見辛いかなぁ・・・

初めて見た「宇治茶」。
今年は、「祇園小唄」ばかりだったので、この舞は新鮮だった。


2.jpg

3.jpg


宮川町の舞妓ちゃんは、大人っぽいよなぁ・・・。

| | トラックバック (0)

龍馬の命日

img20061216.jpg

先日、12月10日は、坂本龍馬の亡くなった日。
(慶応3年11月15日は、1867年12月10日に当たる)
※京阪交通社の地が「近江屋址」とされているが、
本来は南側にある店舗の地に存在していたらしい。
暗殺の場所に石碑(龍馬・慎太郎遭難の碑)を立てると
縁起が悪い(人が殺された場所だから)と言われ、
現在の地に石碑を建立したそうだ。

| | トラックバック (0)

嵐山・花灯路---その2

1.jpg

上手く撮れなかった・・・っていうか、この日は写真なんてどうでも良かった。
積もる話で盛り上がってたし。

カップルだらけだったけど、女性の一人客も結構いた。

2.jpg

実際は、公式サイトの写真よりグッと光を抑えています。
これくらい光を抑えた方が、幻想的で良いよね。


3.jpg

田村正和の父親・坂東妻三郎の墓がある「二尊院」にて。
今年は紅葉がズレ込んだなぁ・・・。


4.jpg

ライティングのセンスは「?」だけど、
やはり、この圧倒的シチュエーションが素晴らしい。


5.jpg

再び渡月橋へ。
昔、ここから船に乗って、某温泉旅館に行ったなぁ・・・。
懐かしい。


※お得情報。
このお店、京都屈指の「鳥すき」食べれます。
しかも、洛中の半値以下!
あまり知られたくないけど、最近、口コミで有名になってきたね・・・。

| | トラックバック (0)

嵐山・花灯路---その1

コレに行ってきた!

雨に濡れた嵐山の夜・・・寒かったけど、ごっさ楽しかった。



今日は、巨乳さんとデート。

恋心は無いのに、幻想的な竹林を歩いてると、「その気」になるね・・・(笑)。



1.jpg


まずは、渡月橋。








2.jpg


山がライトアップされていたのは良かった。




3.jpg


渡月橋の上を、そぞろ歩き。




4.jpg


いよいよ竹林へGO!!

| | トラックバック (0)

天空の城

天空の城。



自宅から電車を乗り継いで2時間弱。

近いのに、まだ行ってない。

ツレは歴史が嫌いだから、連れて行ってもアレだし、

城好きな親友は怪我をしていて遠出が出来ないし・・・

一人で行って悦に入るのも勿体無いし・・・



・・・で、某SNSの日記でお誘いを掛けてみたら、反響が凄かった。

年明け早々にオフ会でもしないと!

女の子たちからも「行きたい!」とのメールが多かった。

そりゃ、この幻想的な雲海と穴太積みのコントラストを観たら、

「生で観てみたい!!」と、思うだろうね。



私の日記を観た滋賀在住の美人マダムが「行ってきたよ」

という報告をしてくれ、「やっぱり生で観ると凄い」との事。

知的で美意識の高いマダムが興奮していてたので、

間違いなく素晴らしい城址だと思う。



私は、昔から城が大好きで、今まで沢山の城を攻めてきた。

書き出すとキリがないので、またの機会にするが、

天守の現存する城よりも、石垣と櫓だけが残る城址の方が好きだ。

やっぱり、安土城址は凄かったし(櫓も門も残ってないけど)、

一昨年の冬に行った大和高取城も印象深い。



大分の岡城址や、滋賀の観音寺城址にも行ってみたいなぁ・・・。





それにしても、忙しいときに限って、色んなお誘いがある。

クリスマスのお茶会(デンマーク人と)、

神戸マダム達とのクリスマスパーティー、

嵐山花灯路・・・

クリスマスは仕事の真っ最中なのに(泣)。

| | トラックバック (0)

久保田和靖の才能

kubota.jpg


| | トラックバック (0)

紅葉狩り

先日のお茶会の後、ツレと合流して紅葉狩りへ。

(ツレは京女のくせして、京都の歴史に興味が無い・泣)



1.jpg


まずは、真如堂。

黒谷さんは、かなりの人出だった。

普段は閑散としてるのにね・・・。

それにしても綺麗です。



続きを読む "紅葉狩り"

| | トラックバック (0)

旅立ち

img20061202.jpg

♪ Don't take a trip
 
to anywhere alone
 
You iumped on a ship
 
which is almost drowned ..........

| | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »