« 2006年バトン | トップページ | 牡丹鍋 »

明石鯛の“あらだき”

hamasaku.jpg

鯛の名産地といえば、兵庫の明石。

明石海峡大橋が出来てからと言うもの、潮の流れが変わり、
環境も破壊されて良質な鯛が獲れなくなったと言われているが…
本当のところは、良く分からない。

一度、明石の漁師さんに聞いてみたいものだ。


写真は、明石鯛の「あらだき」。
この名店の名物料理。
鯛のアラから、何ともいえない深い出汁が出ている。
その深い出汁と、醤油・味醂・酒等が卓越した職人技で一体になり、
えもいわれぬ素晴らしい味わいを醸し出す。

その芳醇な汁が、京野菜の堀川ゴボウにギューッと滲み込んでおり、
鯛とのマリアージュも完璧。

海と土の素敵なコラボレーション。

この料理からは、テロワールを存分に感じる事が出来る。
京料理の真髄だ。

器は、あの河井寛次郎先生の作。

逸品です。

|

« 2006年バトン | トップページ | 牡丹鍋 »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177072

この記事へのトラックバック一覧です: 明石鯛の“あらだき”:

« 2006年バトン | トップページ | 牡丹鍋 »