« 明石鯛の“あらだき” | トップページ | 衝動買い・・・・ »

牡丹鍋

i.jpg

猪肉の三大産地といえば、伊豆の天城、岐阜の郡上、兵庫の丹波。
(誰が決めたか分からないけど)

中でも、一番有名なのが丹波。
写真の猪肉は、丹波産。

猪の魅力は、何といってもコクの深い脂身にある。
甘く口中で蕩ける魅惑の肉。
白金豚が旨いだの、イベリコ豚が旨いだのと言ったって、
猪肉の旨さには敵わない。
(ま、それは好き好きだけど)

ii.jpg

猪を食べると、身体の芯からグーッと温まる。
その熱の保有時間は、他の肉の追随を許さない。
しかも、煮込むほどに柔らかくなる不思議。

私は、豆腐とキノコ(エノキかシメジ)だけでシンプルに作る牡丹鍋が好きだ。
牛蒡やシイタケを入れると、少し味が濁るような気がする。
この時は、追加でシイタケを入れてしまったけどw

多分、世界一美味しい鍋だと思う。

|

« 明石鯛の“あらだき” | トップページ | 衝動買い・・・・ »

食 (プライベート)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177071

この記事へのトラックバック一覧です: 牡丹鍋:

« 明石鯛の“あらだき” | トップページ | 衝動買い・・・・ »