« ただ、単純に | トップページ | 愛 »

荒ぶる魂たち

1.jpg

鬼才・三池崇史の傑作「荒ぶる魂たち」を観た。

最近、あらゆることに関して不信感を持っていたのだが、
この作品を観て、救われた。

“たかが映画”なんだけど、刃物の上の刃渡りをやってるような
緊迫感が、私の心を削ぎ、破り、抉った。
2.jpg

「ヤクザ映画」を忌み嫌う人がいるが、そういう人は、映画を観る資格が無い。
もちろん、観るに耐えない駄作もあるにはあるし、
未だに「仁義なき戦い」の呪縛から逃れられない劣化コピーもある。

私は、「ヤクザ」そのものを賛美しているのではない。
“ギリギリの世界”で蠢くヤクザたちの苛烈な人間模様を、
映画という世界の中で表し、エンターテインメントに仕立てる
作家や、役者たちの技を観るのが好きなのだ。

感情を大きく・強く出さなければならないため、役者の技量が試される。
臭い芝居にならぬよう演じなければならない・・・
これほど難しい事があるだろうか?

そして、監督の演出力も問われる。
演出そのものはシンプルだが、シンプルなものほど難しい。
(但し、それを究めようとしたときの話だが)
しかも、役者以上のテンションや胆力が無いと、
脳も身体も完膚なきまでクラッシュする。

「真っ当な神経」ではやってゆけない魑魅魍魎の世界だが、
ファンタジーやアクション映画みたいな現実離れしたものではない。
私達の身近にある闇の世界を、「映画」として見せるのだ。
これは、非常に難しい事だと思う。
観るものの心を揺るがすヤクザ映画は、どんな芸術よりも凄い。

4.jpg

臭すぎるけど、「男」が「男」に惚れないと、ヤクザ映画は成立しない。
精神的ホモセクシャル・・・根底は、「新選組」と一緒だ。

5.jpg

役者達が全員素晴らしい。
主役の加藤雅也の関西弁が堂に入っている。
(ベタな関西弁ではない。カッコイイ関西弁である)
クソみたいな関西弁を広めたヤツの功罪は大きいぞ。

6.jpg

まるで俳優博覧会の如く、個性をギラギラと放つ面々。

独り占めしたい珠玉の作品。

これを観て、「正真正銘の傑作」と思わない人は、
ふやけたTVドラマでも観てろ。

|

« ただ、単純に | トップページ | 愛 »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33177056

この記事へのトラックバック一覧です: 荒ぶる魂たち:

« ただ、単純に | トップページ | 愛 »