« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

帰国

一ヶ月の仕事が終わり、無事に帰国。



これで、やっとスタートラインに立てた。

いよいよ、来月後半から本番。



それにしても、頭がふわふわする。

時差ボケで、体内時計が狂いまくり・・・テンションが異様に高いし(笑





っていうか、日本は梅雨真っ只中!

何なんだ、この空気の重さは!

じっとりと肌に纏わりつく不快な湿気・・・

関空に降り立った瞬間、吐き気がした。

日本って、こんなに暑かったっけ?

熱帯雨林にいるみたいだ。



ローマは、連日35度超えの猛暑だったけど、

こんな不快感は無かったぞ!?

朝夕は、比較的過ごしやすかったし。



クーラーに当ると身体の調子が悪くなる。

はぁ、やだ。

湿気の少ない国に行きたい(^^;





休む間もなく、明日から和歌山の世界遺産へ・・・



元気やなぁ~ 俺(笑

| | トラックバック (0)

Estate italiana

ddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddd.jpg


イタリアに来てる事はブログに載せないでおこうと思ったけど、
せっかくなんで、少し記しておきます。

左足の親指をケガした時は参ったけど(辛かった)、
それ以外は、まあまあ順調・・・だと思う。

それにしても、イタリアは素晴らしい!
観光で来てたら、どんなに良かったか・・・

言うまでもなく、滞在中は料理中心(仕事)の生活。
素材の味を、全身に浸み込ませて帰りたいと思う。
先日、憧れのナポリに行って魚介料理を食べたのだが、
料理人として参考になる事は、あまり無かった。
もちろん、素晴らしい料理は沢山あったけど。
(ズッパ・ディ・ペッシェ、ヴォッタルガのパスタは絶品だった)
現時点で深く印象に残ってるのは、ヴェネト地方の料理。
野菜のリゾットや、香り抜群のペスト・ジェノベーゼは天国の味。(感涙)
シンプルなのに、凄く凄く美味しい。
全身の毛穴が開くほどの美味・・・と、言っても伝わらないよね(笑
滞在中に、フラゴリーノやネッビノーロも沢山飲んでおきたい。

仕事は、沢山得るものがある代わりに、
課題(悩み)がどんどん涌いてくる・・・。
それだけ懸命に仕事と対峙してるって事なのかな!?
※真剣に自分を磨きたい人は、海外に出たほうが良いかも。
力がつくし、大きな糧になると思う。
守りに入ると、すぐに退化するからね・・・特に男は。
しんどくても、挑戦し続けるべき!


イタリア人の良いところは、快楽に対して貪欲なところ。
人生を楽しむ術を、良く心得ている。
日本の比じゃないくらい厳しい格差社会なのに、
皆、明るくて、実に楽しそうだ。(傍から見た感想だけど)
その点、日本人は快楽に対して貪欲じゃないよなぁ・・・
経済が頭打ちと言っても、GDPは世界第2位。
平和だし、モノは溢れてるし、格差があまり無い国なのに、
人生を謳歌してる人は、非常に少ないと思う。
「富=倖せ」ではないんだよね。


まだまだ書きたい事が山のようにあるんだけど、
ご存知のように、大事な仕事で来てるので…御勘弁を。

大きな試練を乗り越えないと帰国出来ないから、頑張らねば。
誰か~ 助けてくれ(^^;


っていうか、今、美味しいカレー食べたくてたまらん!



それでは、Arrivederci!

| | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »