« シャンパン | トップページ | 虹の女神 Rainbow Song »

刺青 ---「あやや」の魅力に陶酔

c.jpg


ファム・ファタールを演らせたら超一級の若尾文子(あやや)が、
女郎蜘蛛の刺青を背負い、次々に男達(悪漢)を嬲り喰う物語。
b.jpg

監督は、邦画史に燦然と輝く名匠・増村保造。
脚本は、初代“名台詞”脚本家の新藤兼人。
撮影は、数々の巨匠達と組んだ宮川一夫。
そして、原作は、谷崎潤一郎の「刺青(しせい)」。



ayaya.jpg


あややの美しさと独特の台詞回しは、
増村・小津の下でこそ活きる、と、再確認。
やっぱり、両巨匠は女優を撮るのが上手い。



a.jpg

そして、TVドラマの真面目なオジサン役でしか
印象の無かった「山本学」の彫り師が凄い存在感だった。
墨を彫る仕草と翳のような立ち居振る舞いに、胸がゾクゾクした。




fukagawa.jpg

この作品を観て、江戸の深川(岡場所)に興味が涌いた。
時代考証完璧の「海は見ていた」では、何も感じなかったのに。
葦、泥水、貝殻、女郎の白粉、内堀、掘割、猪牙船、 材木問屋、
木場、川並、どぜう、うなぎ・・・ 想像しただけでもワクワクする。

いつか、古地図片手に歩いてみたい。




d.jpg


艶かしく蠢く女郎蜘蛛の刺青と、フィルムに沈殿する陰翳・・・
宮川一夫の圧倒的美意識に触れるだけでも、観る価値大。


---この作品の名台詞---
「あたしゃ、素足が好きなんだよ。芸者みたいで粋じゃないか」


刺青といえば、かの白洲正子さんが研究していたようです。
どんな視点で刺青を見ていたのか・・・非常に興味がある。

|

« シャンパン | トップページ | 虹の女神 Rainbow Song »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176994

この記事へのトラックバック一覧です: 刺青 ---「あやや」の魅力に陶酔:

« シャンパン | トップページ | 虹の女神 Rainbow Song »