« 麗しの祇園祭 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

【遥かなる】中国旅行【桂林】

img20070804.jpg

中国から、一旦、帰国。 (強行日程でキツかった)

今回は、一昨年行き逃した桂林に感動!
(世外桃源も、なかなか良かった)

桂林といえば、もちろん、漓江(リ・ジャン)クルーズ。
竹江埠頭から陽朔(ヤン・スオ)まで、約・4時間の船旅。





img20070804_2.jpg


んもー  素晴らしい!!



行く前にネットで散々観て感動してたのに、実際に行くと、恐ろしいほどの絶景に狂喜。











img20070804_1.jpg


中国語で言うところの「奇山秀水」という言葉がしっくりハマる。

濃淡の墨で描かれたような幽玄の世界。











岩の表面の模様が9頭の馬に見えるという超巨大な岸壁・九馬画山や、

20元紙幣に描かれている黄布灘など、大スペクタクルの連続。

ガイドしてくれた友達(中国人)が、「最も中国らしい風景」と言っていた。

自然という芸術作品を、五感で感じられる稀有な場所。



これらの風景を、より楽しむ為に、サ●トリー烏龍茶のCMソングコレクションを

ipodに入れて行って大正解。(「茶林」が良く合った)

叙情豊かにたゆたう二胡の生演奏があれば、最高だっただろうなぁ。



4つ目のCM(1分すぎ)で、桂林が登場。 (曲は、YMOのライディーンのカバー)







img20070804_3.jpg




そして、 唐の詩人・王正功の詩を片手に風景を眺め、悦に入る。



「桂林山水甲天下 陽朔堪称甲桂林

 群峰倒影山浮水 無山無水不入神」

(お好きな方は、江守徹のナレーションで♪)



・意「桂林の山水は天下一。陽朔はその中でも特に素晴らしい。

 群峰が逆さになって水に浮かぶ。

 山も水もなければ神秘的な美しさは生まれない」







とりあえず、クルーズには食事がついてるのだが、

これがまた、食えたものじゃなかった・・・。

辻静雄先生のように、久兵衛の鮨 ~ 回転寿司まで愛でるがの如く、

食は常に貪欲に・・・というワケにはいかず、少し食べてギブアップ。





この日は、3ツ星の陽●新世紀ホテルに宿泊。

(中国らしい、もっさりした内装・色使いが◎)

食事は、クルーズのリベンジを兼ねて、少し豪華に。

街に繰り出し、桂林ダック、お粥in桂林腐乳、辣醤入りビーフン、

桂花魚(貴重な天然魚)、竹筒飯などをギャル曽根並みに食べ、心ゆくまで堪能。



それと、西洋人から熱い視線を集めている西街(シ・ジエ)に行ったんだけど、

雰囲気がツボにグイグイきて、すっかり気に入ってしまった。



ここに家を買って、一年のうち3ヶ月ほど滞在したいな。(本気で考えてみよう)

食べ物は美味しいし、人は優しいし、ロケーションは抜群。

南の島にコンドミニアム構えるより楽しいかも。





世界的名匠、チャン・イーモウ演出の印象劉三姐ショーと、

世界遺産の武陵源に行けなかったのが心残り…。

|

« 麗しの祇園祭 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

旅&史跡巡り」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176987

この記事へのトラックバック一覧です: 【遥かなる】中国旅行【桂林】:

« 麗しの祇園祭 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »