« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

月光浴

moon.jpg


今日は車で出勤したので、六甲山経由で家に帰った。
山頂に差し掛かった時に美しい月が見えたので、しばし見惚れる。


月光浴をすると、恋に効力があったり、美人になるという言い伝えがある。
(細木数子は「女は月を見るな」と言ってるけど…笑)

月の満ち欠けは、人間の心理に強い影響を及ぼす。
満月になると気持ちが高ぶり、犯罪が多くなるというのは有名な話。
あと、女性の月経と月の満ち欠けのサイクルがほぼ同じであったり、
海亀が満月の夜に産卵するなど、月と生物との関係は相当深い。


月に関する歌といえば、私にとっては「久野かおり」の“月の砂漠から”が最強。
機会があれば聴いてみて下さい。
どんな鬼畜でも、100%涙が滲む名曲です。

| | トラックバック (0)

心中天網島

img20071026.jpg




大坂の遊女の歴史を調べていると、絶対に近松門左衛門が出てくる。
近松といえば文楽(人形浄瑠璃)、文楽といえば大阪を代表する文化。
img20071026_1.jpg

続きを読む "心中天網島"

| | トラックバック (0)

やっと。

img20071025.jpg

大きな仕事が一段落した時は、ここのロビーラウンジで過ごす。

このホテルは名門の良い部分をしっかりと継承しており、
素晴らしいサービスと空間を提供している。
宿泊した事は無いが、和食以外のレストランは全て制覇。
(プライベートではなく、仕事での利用だけど・・・)
値は張るが、どの店も特別な日に利用して損は無い。
東京のリッ●よりも非日常的な空間は、一見の価値アリ。
※ホテルの“顔”であるロビーラウンジの質が高ければ、
その他の施設も秀逸と思って間違いない。


今日は、今年一番緊張するプレゼンが成功したので、
ゆっくりとアフタヌーンティーを楽しんだ。


------------------------------------------------------------------
この2週間あまり、仕事の“願掛け”の為に米を断ち、
酒も一切飲まなかった。(主食は麺類)
今回の仕事は、めちゃくちゃハードだった・・・。
感性に頼るしか道が無かったので、久し振りに苦しみまくった。
「無」から「有」を産む仕事というのは、本当に難しい。
「ものづくり」は、この世の中で一番遣り甲斐のある仕事と断言出来るが、
「産みの苦しみ」に浸かってしまうと、真綿で首を絞められるような感覚に陥る。
もう少し自分自身を俯瞰しつつ、冷静に物事を進めないとね。
心底苦しかったけど、山を越えた時の達成感は最高だった。
まぁ、何だかんだ言いながら、良い経験に変えた自分を褒めてあげよう・・・
と言いつつ、スタートラインに立っただけで、「本番」はこれからだけど。




夜、神戸で鮨を食べた。
2週間ぶりの米・・・
美味しくて美味しくて、涙が出た。

| | トラックバック (0)

ドラゴンズ、日本シリーズへ

n.jpg

我が中日ドラゴンズがCSを制し、日本シリーズ出場が決定!
仕事の為、一試合も観れなかったのが残念だが、
スポーツニュースやネットの動画をチェックし、喜びに浸る事が出来た。

今年のドラゴンズはペナントを獲れなかったが、
CSでは終始ジャイアンツを圧倒していたし(タイガースは論外)、
その戦いぶりに“洗練”を感じた。
(球団の特性上、信じられない事だが)


私が一番感動したのは、中田賢一(写真)のスンヨプ斬り。
スラッガーに対して少しも怯む事なく、執拗に内角を攻めた。
この対戦で、中田は真のエースになった事を確信。
たった一打席の攻防で、若い投手はグッと伸びる事がある。
年に数回しか無い瞬間を観れて、最高にラッキーだった。


CS(クライマックス・シリーズ)について言いたい事は沢山ある。
こんな出鱈目なシステムは、来シーズンから排除すべきだ。
このシステムのお蔭でドラゴンズが日本シリーズに出れるのだが…
ジャイアンツの立場を考えると、正直言って複雑だ。



---------------------------------------------------------------
パ・リーグは、日本ハムファイターズがCSを制した。
ペナントを獲っているので、正真正銘の王者である。
小笠原や新庄が抜けた為に昨年のような派手さはないが、
リーグ屈指の試合巧者であり、投手力は12球団ナンバーワン。
ダルビッシュ有という大エースを中心に、2年連続日本一を狙う強敵である。



パ・リーグCSの最終戦・日ハムVSロッテ・・・ダルビッシュと投げ合った成瀬の気概に感動。
泣くな、来季がある。(泣き方が可愛い)
naru.jpg

| | トラックバック (0)

Love

09_p.jpg


松井冬子。

| | トラックバック (0)

絶景哉! ~大瀑布~

無事、帰国。 

(詳しくはm●xiにて)

長いフライトと、妙な食生活でテンションが変だ(^^;





まず、中国とベトナムの国境にある素晴らしい滝を紹介!

img20071008.jpg




この案内岩の先に、凄まじい絶景が・・・・・・・!!

続きを読む "絶景哉! ~大瀑布~"

| | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »