« 東山・花灯路・2008 | トップページ | Sakura~Tokyo・2008 »

はなれ瞽女おりん

名作「はなれ瞽女おりん」。

img20080331.jpg


原作が水上勉という事で、テーマは重苦しい。

だが、その重苦しさの中に、燦然と輝く男女の情愛。

篠田正浩の生真面目な演出が功を奏し、原作の良さが存分に活きている。

狙ったのか、偶然か。

女の愁い、男の哀しみを、これほど巧く描いた映画は稀だろう。

この頃の篠田にはアイデアがあった。

人を引っ張ってくる手腕にも長けていた。

武満徹、宮川一夫、粟津潔・・・日本映画界が世界に誇る鬼才たち。

こうして考えてみると、篠田は監督というよりプロデューサーという感じ。(良くも悪くも)

黒澤のように専門家に意見せず、信頼して全てを任せている。

だから、スタッフはやり易かっただろう。

それによって弊害も出てくるのだが・・・



瞽女(ごぜ)とは何か

【ものがたり】

「盲目の旅芸人である瞽女(ごぜ)として生きたおりん(岩下志麻)

は、男に抱かれるという規律を犯したため、瞽女社会から追放され

「はなれ瞽女」として諸国を旅していた。

その途上、出会った脱走兵・平太郎 (原田芳雄)と旅を続けるが、

なぜか彼は体を求めない。彼には心を閉ざすある秘密があった・・・」









まず、岩下志麻が美しい。(40代前半の頃かな)

img20080331_1.jpg


人工的な美しさではなく、色香漂う「ナマっぽい」美しさ。

役柄だろうか、その表情に婉容を感じる。







原田芳雄。咽返るような男の色気が素晴らしい。

img20080331_2.jpg










撮影監督・宮川一夫の映像美にも注目。

img20080331_3.jpg








瞽女たちは、こうやって越後路を旅した。

img20080331_4.jpg


厳しい自然・貧困・盲目のハンデキャップと戦いながら、懸命に生きる。

懸命に生きる姿というのは、実に美しい。











おりん と、平太郎の束の間の幸せ。

img20080331_5.jpg


これらのシーンがあまりにも儚い為、ラストへの道行きが胸に迫るのだ。







以下、印象深いシーン。



平太郎に向かって、「抱いて欲しい」と哀願する おりん。

img20080331_6.jpg


体と体が繋がってないと愛を実感出来ない おりんの弱さ・淋しさが切ない。

このシーンは深い。あまりにも深い。







img20080331_7.jpg


「目の見えない瞽女の私には、兄さんの姿・形は見えなかったけども、

兄さんの心が見えたのです!」

厳しい尋問を続ける憲兵に向かって おりんが叫ぶ。

複雑な心の機微を、確かな演技で表した岩下志麻の凄みが伝わってくる。







窓越しに心通わせる2人。

img20080331_8.jpg


涙なくして観れない。





真剣に愛し合った事のある男女だったら、絶対に心砕かれる傑作。

「愛し合う」という事が絶滅寸前の今、このような物語が受け入れられるだろうか。







「これは日本人の原風景だ。私は失われた日本への哀切感が、

この映画を作るバネだと感じている」(篠田正浩)

|

« 東山・花灯路・2008 | トップページ | Sakura~Tokyo・2008 »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176908

この記事へのトラックバック一覧です: はなれ瞽女おりん:

« 東山・花灯路・2008 | トップページ | Sakura~Tokyo・2008 »