« 東福寺・塔頭めぐり① Greatest Dragon | トップページ | 世界文化遺産「姫路城」ラスト・大天守内部~女の館・そして、「乱」 »

東福寺・塔頭めぐり② Ultimate Garden

重森三玲の作庭ということで、この5年ほどで火がついた東福寺塔頭・光明院。

1.jpg


私が京都在住時には「志納」だったので、何度も来て、何時間もボーっとしてた。





↓それでは、重森劇場を御覧下さい……

時間・季節によって、これほど表情が変わる庭も珍しい。

2.jpg




四季を通じて楽しめる秀逸な庭。

3.jpg




この日は最高の天気だった。

4.jpg




陰翳が映える。

5.jpg




Ultimate!!

6.jpg






7.jpg




8.jpg




9.jpg




10.jpg




これはポスター。 光明院庭園×舞妓ちゃんのコラボ。

11.jpg


堪能して頂けたでしょうか?











次に向かったのは「退耕庵」。 前を通るたびに、いつか中を観たいと思ってたので感動!

13.jpg


残念ながら撮影禁止だけど、それもまた良し。

(マナーの悪いカメラマンがいないし、じっくり観れる)

鳥羽伏見の戦いの時、長州藩の本陣が置かれたという事だけでも

歴史オタにとって大興奮の寺院なのだ。

関ヶ原の戦いの謀議が行われた「作夢軒」は、

石田三成、小早川秀秋、宇喜多秀家、安国寺恵瓊などの

西軍オールスターズが集結した茶室で、見応え充分。

臨済宗の禅寺なので、庭も素晴らしい。

壷庭のデザインなんか、惚れ惚れしてしまった。

小野小町が100歳になった自分を想定して作った像も、一度は観てほしい逸品。







最後に行ったのは、「勝林寺」。(ここも撮影禁止)

12.jpg


85年ぶりに公開された毘沙門天像は、1000年前(!)の物である。

悠久の時を越え、我々の目に触れる歴史的作品。

この仏像は、消失した東福寺仏殿に安置されてたものだそうだから、

いま、こうして残っているのは奇跡と言っても過言じゃない。

本堂両側にある櫟文峰の虎の襖絵も見事!

次の公開は未定。

観れなかった人が、可哀相なほど素晴らしい寺院だった。



※京都の食事ネタは、SNSの方にUPしてます。

|

« 東福寺・塔頭めぐり① Greatest Dragon | トップページ | 世界文化遺産「姫路城」ラスト・大天守内部~女の館・そして、「乱」 »

京都D’OR」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176782

この記事へのトラックバック一覧です: 東福寺・塔頭めぐり② Ultimate Garden:

« 東福寺・塔頭めぐり① Greatest Dragon | トップページ | 世界文化遺産「姫路城」ラスト・大天守内部~女の館・そして、「乱」 »