« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

NEW甲子園~ アメリカのボールパークみたいだ!

世話になってる西宮の姉さんと、リニューアルした甲子園に行ってきた。

1.jpg


まだ蔦が再生されてないけど、なかなか良い趣である。



甲子園は、阪神間モダニズムを代表する歴史的建造物でもあるのだから、

思い切って、遠藤新のスタイルを取り入れた外観にすれば良かったのに・・・。

でも、新ヤンキースタジアムを髣髴とさせるような外観が良い感じだ。



甲子園には、世界一熱狂的な阪神ファンがいる。

img20090430.jpg


その熱狂的ファンたちが生み出す唯一無二の雰囲気は、MLBの人気チームも敵わないだろう。





以前の甲子園を知ってる人なら、すぐ分かると思うけど・・・

img20090430_1.jpg


おー アメリカのボールパークみたいになってる! 

新設された「ライナービジョン」がカッコいい!





アニキですよ、アニキ。

img20090430_2.jpg


中日ファンの私から見ても、金本は特別な存在です。





内川聖一。 WBCの鮮やかなファインプレーが記憶に新しい。

img20090430_3.jpg


軽いキャッチボールしてるだけなのに、身体操法の美とでもいうのかな・・・

野球選手の動作は、本当に美しい。





照明も良い感じになった。

img20090430_4.jpg


それにしても、この時期のナイターは気持ちよすぎる。





素晴らしい雰囲気。

img20090430_5.jpg






試合は置いといて・・・ 毎回思うが、甲子園の観客(もちろん阪神ファン)は、個性的で面白い(笑)。

野次ひとつとっても、最高にユニーク。

観客鑑賞だけでも充分楽しめる。

img20090430_6.jpg




恒例のラッキー7!

img20090430_7.jpg




img20090430_8.jpg






圧巻だったのは、横浜の主砲・村田修一の本塁打(第1号)。

典型的ホームランアーティストという感じの弾道だった。

それ以外は、さして見所のない試合だったが・・・

高校時代から好きな阿部健太(松山商~近鉄~オリックス~阪神)の登板を見れたのが嬉しかった。



NEW甲子園、強烈にオススメです!

| | トラックバック (0)

アート鑑賞・・・・・蕩けそうな日

物凄く久し振りに、地元で休日を過ごした。



早朝、愛車で自宅マンションを出発・・・ 春! 玄関の花壇が綺麗だ。

a.jpg




続きを読む "アート鑑賞・・・・・蕩けそうな日"

| | トラックバック (0)

femme fatale

1.jpg疲れたときは、女に限る。



心が折れかけた時・・・

美味しいもの、旅行、音楽なんかじゃ癒されない。

やっぱ、女だよ、女(笑)。

若くて綺麗で元気な子。(今回も有難う!)

シンプルなんだよね、男が欲するものは。



書き方がオッサンくさいけど、そんなんじゃなく・・・ 

分かって貰えるだろうか?





何かを究めようとしてる時はストイックに生活するのも良いけど、あるラインを超えた時、とんでもない「壁」にぶつかる。

そんな時、自分が何を欲し、どういうふうに満たすのかを知ってると良い。

(意外と知らない人が多いのではないだろうか)

人によってはSEXだったり、友達との長電話だったり、フランス料理を食べる事だろう。







まぁ、「快楽」というのは簡単に手に入らないんだけど・・・ 大変です、仕事もプライベートも。



 

暫く苦難は続くけど、何とか仕事を片付けねば。

皆さんも(苦労してる人たち)頑張りましょう!

| | トラックバック (0)

桜景 ~ASHIYA~

自宅から南下した所にある「さくら通り」にて。

1.jpg


続きを読む "桜景 ~ASHIYA~"

| | トラックバック (0)

世界映画遺産・蜘蛛巣城 PARTⅡ

注目して欲しいのは、体にフィットするよう特別にデザインされた甲冑。

img20090402.jpg


しかし、三船敏郎は超絶にカッコいいなぁ・・・





黒澤のアイデアで、映画史上初めて「白く浮かび上がる」亡霊を登場させた。

img20090402_1.jpg


当時は、相当斬新だったに違いない。





特筆すべきは、三船敏郎の素晴らしい身体能力。

img20090402_2.jpg


現代の俳優には出来ない、力感溢れる身のこなし。



このカメラワークも鮮烈・・・実際に観ないと解らないけど。

img20090402_3.jpg


武道をやってたからか、体幹が恐ろしくシッカリしてる。 全盛期の中田英寿みたいだ。





印象的な森のシーンは、奈良・春日奥山でロケされた。

img20090402_4.jpg


名作「羅生門」のロケも行われた場所。





このスケール感! 「乱」より凄いかも。

img20090402_5.jpg








あまりにも衝撃的なラストシーン。

img20090402_6.jpg


三船敏郎めがけ、至近距離・遠距離から何百本もの矢(本物)が放たれた。

img20090402_7.jpg


img20090402_13.jpg


img20090402_8.jpg


次々と矢を射かけられるラストシーンは、特撮ではなく、実際に三十三間堂の通し矢の名手が三船めがけて矢を射た。実際撮影が終了した後、三船は黒澤に「俺を殺す気か!?」と怒鳴ったとのこと。

img20090402_9.jpg


img20090402_10.jpg


その後も、自宅で酒を飲んでいるとそのシーンのことを思い出し、あまりにも危険な撮影をさせた黒澤に、だんだんと腹が立ってきたようで、酒に酔った勢いで散弾銃を持って黒澤の自宅に押しかけ、自宅前で「こら~!出て来い!」と叫んだという。石坂浩二の話によると、このエピソードは東宝で伝説として語り継がれている。 (以上、Wikiより)

img20090402_11.jpg


img20090402_12.jpg


img20090402_14.jpg


「日本演劇=ジャパニーズシアター…つまり、日本人ならではの芝居をつくりたい。

わざわざ日本語で聴かなきゃいけないシェイクスピアを。

たとえば黒澤明監督の『蜘蛛巣城』はシェイクスピアの『マクベス』を

戦国時代に置き換えた映画です。

この作品を観て、『マクベス』よりおもしろいというイギリス人もいる。

そんなふうに日本人がつくるという必然性を生みだすために、

古典芸能の知恵をうまく利用できたらいいなぁと」 (野村萬斎)

| | トラックバック (0)

世界映画遺産・蜘蛛巣城 PARTⅠ

シェイクスピアの「マクベス」をプロットの軸にし、巨匠・黒澤明が撮った映画史に輝く超名作。



img20090402.jpg


主君と盟友を殺害した武将が、罪の重さに堪えきれずに自滅する物語。

人間の罪深さ・業の哀しさを、鮮烈な映像美で表した素晴らしい芸術作品である。



まず、この映画の凄さから・・・

・イギリス国立映画劇場のオープニングで招待上映される。

・第1回ロンドン映画祭でオープニング上映され、「最も独創的な映画賞」を獲得。

・鬼才、ピーター・ブルック(演劇の魔術師)が、「シェイクスピア映画の最高峰」と断言。

・クセ者で知られる世界的名優、マーロン・ブランドや、ジャック・ニコルソンが惜しみない賛辞を送った。





冒頭に流れるオドロオドロしい歌(謡曲の間の唸りから取り入れた)で、一気に引き込まれる。

img20090402_1.jpg


全編を覆う音楽は、能のパターン(リズム)とオーケストラを混ぜて作曲されたアヴァンギャルドなもの。





水墨画的効果を狙い、霧の深い富士山二合目(太郎坊付近)の火山灰地に建てられたセット。

img20090402_2.jpg


濃い霧は、アメリカ軍が使う特殊兵器で、石油を細かく噴出させたもの。





セットとは思えないほど迫力満点の城門。

img20090402_3.jpg


威圧的な効果を出す為、ヨーロッパの城と見紛うほど巨大にしたそうだ。







その城門を駆けてゆく騎馬武者・・・ この画だけ観ても武者震いしてしまう。

img20090402_4.jpg


この画をモチーフにした水墨画を、秋山憲二さんに描いてほしいなぁ。





主人公・鷲津武時(三船敏郎)が、身震いするほどカッコいい。 歌川芳員が描いた武者絵みたいだ!

img20090402_5.jpg


日本人で唯一、世界に通用した映画俳優。





物の怪の小屋に突っ込む際の映像は、50年以上前とは思えぬほど先鋭的。

img20090402_6.jpg






この迫力ある構図は、「スターウォーズ・EP4」のラストに引用されたそうだ。

img20090402_7.jpg






全身女優・山田五十鈴の能面のような表情・・・圧倒的存在感。

img20090402_8.jpg


能の様式美を取り入れた独特の作風が、この傑作を、より美しいものにしている。

img20090402_9.jpg






クローズアップではなく、フルショットで撮る演出は、能舞台の整然たる様式から取り入れられた。

img20090402_10.jpg






セットに重圧感を出すため、室内を広くして太い柱を使い、天井を低くしている。

img20090402_11.jpg






鷲津軍団の小田倉&国丸追跡シーンのスピード感と迫力は、F-1を軽く凌駕している。

img20090402_12.jpg


100インチのモニターで観てほしい迫力満点のシーン。



img20090402_13.jpg


劇場のスクリーンで観たら、むちゃくちゃシビレるだろうなぁ・・・。







PARTⅡへ続く。

| | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »