« 仕事は東京、住むのは関西 | トップページ | 初夏の京都-2009-(瑠璃光院編) »

初夏の京都-2009-(鞍馬編)

神秘的な鞍馬へ。

まずは、ツツジ電車に乗って・・・・・・・

img20090517.jpg


【鞍馬への行程】

出町柳駅から叡山電鉄鞍馬線に乗る。

数分もしないうちに、車窓の風景が、市街地からのどかな田園風景に変わる。

山間の集落をグングン縫い、終点の鞍馬駅に着く頃には完全な山の中・・・

わずか30分の小さな旅だが、もの凄いトリップ感を味わえる。

京都在住時、小旅行気分を味わいたくて、良く来た。

あ~ もう一回、京都に住みたい!!





鞍馬の自然は、特別な感じがする。 静謐な空気感。

img20090517_1.jpg




さて、鞍馬神社へ。

img20090517_5.jpg




5月の薫風に身を委ねながら、ゆっくりハイクする・・・最高に気持ち良い。

img20090517_2.jpg


img20090517_6.jpg






目の前にドーンと現れた「由岐神社」。(寄進:豊臣秀頼)

img20090517_3.jpg


舞台造りの拝殿を、石段の参道がくぐり抜けるという珍しい「割拝殿」に注目。

毎年10月22日に行われる勇壮な鞍馬の火祭りは、この神社の祭りとして全国に名高い。





この構図がメルヴェイユ!!

img20090517_4.jpg






御神木が、しっかり大地に根差してる。

a.jpg






九十九折の山道を、ズンズン登ってゆくと・・・・・・・

img20090517_7.jpg








鞍馬神社に到着。

img20090517_8.jpg


牛若丸(源義経)の修行の場として知られており、鞍馬山の南東斜面に位置している。

写真は、再建された鉄筋造りの本殿・金堂。







金堂のすぐ近くにある藤棚。 綺麗です。

img20090517_9.jpg








本殿前から望む比叡山の山並みは絶景。

img20090517_10.jpg


因みに、山内には、寺宝などを展示する霊宝殿のほか、鞍馬を愛した与謝鉄幹・晶子の歌碑や、晶子夫人の書斎(冬伯亭)がある。

貴船(京の奥座敷)へ行く鞍馬山越えの途中にも、見どころが沢山。

牛若丸が喉を潤したと伝わる「息つぎの水」や「背比べ石」、「奥の院・魔王殿」など。





ツレが「鞍馬山越えしよう」と言ってきたが、疲労がきついのでパス(苦笑)。

でも、以前からのリクにはきっちり応え、八瀬にある例の寺院へ・・・(つづく)

|

« 仕事は東京、住むのは関西 | トップページ | 初夏の京都-2009-(瑠璃光院編) »

旅&史跡巡り」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176767

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の京都-2009-(鞍馬編):

« 仕事は東京、住むのは関西 | トップページ | 初夏の京都-2009-(瑠璃光院編) »