« 初夏の京都-2009-(瑠璃光院編) | トップページ | 滅びの美学・「ぼんち」 その1 »

いのちの食べかた(※ショッキングな映像があります)

「いのちの食べかた」(2005年・ドイツ映画)



食べ物の大規模・大量生産の現場を描いたドキュメンタリー映画。

ナレーションやインタビューを入れず、生産現場とそこで働く人々を映すのみというシンプルな作風。

a.jpg


世界中で高評価を得て、数々の賞に輝いた佳作。

大人のみならず、子供にも観てほしい。



img20090522.jpg


とにかく、無駄な演出が一切ないというのが良い。

演出しないことが、良質な演出となって活きている。

音楽、ナレーションは無し。

あるのは、自然な音のみ。



img20090522_1.jpg


人間は、様々なものから命を頂戴して生きている。



img20090522_2.jpg


観た人は、少しでも良いから食物の命について考えてみてほしい。





以下、ショッキングな画像があるので、ご注意願います。

可愛らしい豚さん・・・これから屠殺場に向かうなんて、夢にも思ってないだろうなぁ・・・

img20090522_3.jpg




img20090522_4.jpg


強烈な映像なのに、あまり悲惨さを感じない。

完璧な構図と、監督の卓越したセンスのお蔭だろう。



img20090522_5.jpg


この映画を観て感心したのは、食肉を扱うマシンが多彩なこと!

どれもこれも、凄い性能である。

さすが、工業王国・ドイツだ。











私が一番グッときたのは、牛の解体。



牛が屠殺され、吊られている。

img20090522_6.jpg


次に屠殺される牛が状況を飲み込めず、不安な態度で順番を待っている。(ように見える)







電気を当てられる瞬間、牛が何ともいえない表情で怯え、震える。

img20090522_7.jpg






眉間に電気を当てられる。

img20090522_8.jpg




僅か、0,5秒で命が消える。

img20090522_9.jpg


img20090522_10.jpg


img20090522_11.jpg


img20090522_12.jpg


img20090522_13.jpg


食べられる為に生まれ、育てられる。

何て可哀相なんだろう・・・ というのは、勝手なエゴだ。

これからも、どんどん牛や豚や鶏を食べよう。

その際に大切なことは、生物たちの大切な命を無駄にしない為、有り難く頂くこと。



そして、3度の食事が当たり前と思わないよう、いつも深く感謝したい。

それが、生物たちに対する礼儀でもあるのだから。

死んだ牛(上の画像の)に対して妙な言い方かもしれないが・・・

加工されてゆく過程が、とてもカッコよく見えた。





~以下、「いのちの食べかた」公式サイトより~

私たち日本人が1年間に食べるお肉(牛・豚・鳥)は約300万トン。だれもが毎日のように食べている膨大な量のお肉。でも、そもそもお肉になる家畜は、どこで生まれ、どのように育てられ、どうやってパックに詰められてお店に並ぶのでしょう?本作は、そんな私たちの生とは切り離せない「食物」を産み出している現場の数々を描いたドキュメンタリーです。世界中の人の食を担うため、野菜や果物だけでなく、家畜や魚でさえも大規模な機械化によって生産・管理せざるをえない現代社会の実情を、オーストリアのニコラウス・ゲイハルター監督がおよそ2年間をかけて取材・撮影しました。

本作を観ると、現代の食料生産工場の生産性の高さに驚愕するとともに、私たちが生きることは他の動物たちの生命を「いただく」ことに他ならないことだと、改めて実感させられます。



日本は食料自給率が低いわりには、世界で最も残飯を出している国でもあります。金額に換算すると、11兆1000億円もの量になります。現在、世界の人口は63億人ですが、その中できちんと毎日の食事ができるのは、たった8%の人々と言われており、日本もその中に含まれています。また、世界で8億人が栄養失調状態であり、年間900万人が餓死している中での事実と考えると、異常な数字といえます。私たちは、いまこそ毎日の食事の中で、いのちの有難みを「感じる」必要があるのではないでしょうか?

|

« 初夏の京都-2009-(瑠璃光院編) | トップページ | 滅びの美学・「ぼんち」 その1 »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176761

この記事へのトラックバック一覧です: いのちの食べかた(※ショッキングな映像があります):

« 初夏の京都-2009-(瑠璃光院編) | トップページ | 滅びの美学・「ぼんち」 その1 »