« 新・仁義なき戦い PARTⅡ | トップページ | 初夏の京都-2009-(鞍馬編) »

仕事は東京、住むのは関西

数ヶ月以内に、東京へ引っ越すことになるかもしれない。



渋々・・という感じなんだけど。

私は、東京のような平面的都市が好きではない。

街の造形が退屈だし、人の匂いが感じられないからだ。

東京在住の人たちに怒られるかもしれないけど・・・



若い頃・・・例えば、学生の頃は、東京に住みたいという願望を持っていた。

(というより、東京で仕事したかった)

今は、断然、関西が良い。

濃厚な歴史・多くの神社仏閣・圧倒的文化財・ユニークな人々・街の多面性・・・

これらの魅力がギッシリ詰まった関西を離れるのは辛い。

金が少なくても楽しめるし。



だが、仕事を研磨しようと思えば、東京に出ないと話にならない。

地盤沈下激しい関西では、私の思う「本当の仕事」が出来ないのだ。

今までは現状維持で良いと思っていたが、(それでも相当ハードなんだけど)

最近、「このままではダメだ」と、切実に思うようになってきた。



私は、「0か100か」の人間で、中途半端というのが非常に苦手である。

だから、関西を離れる時は、全て捨てていく。

大切な人、友達、家財道具、オーディオ、何もかも・・・

少しの洋服と、パソコンだけ持っていくつもりだ。

周りからは「極端すぎる」と嘲笑気味に非難されるけど、

めちゃめちゃ不器用なのだから仕方ない。

何かを変える時は、ゼロの状態じゃないとダメなのだ。

身軽なのが一番強いしね。

ハングリー精神(という言葉はクサいけど)を持って目標に挑まないと、

弱い私は「ちょっとしたキッカケ」で、すぐ挫折してしまう。



上京に関してはずっと悩んできたし、問題も山積みなんだけど、

まだ動ける年齢のうちに行っておかないと、絶対に後で後悔する・・・

そういう思いが日増しに強くなってきた。

もう、苦しいほどに。



この先が不安だらけだけど、冒険するしかない。

平和な人生も結構だが、それでは、私の精神が死んでしまう。



※だれか、東京の魅力とやらを教えてください。

a.jpg

|

« 新・仁義なき戦い PARTⅡ | トップページ | 初夏の京都-2009-(鞍馬編) »

徒然」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176769

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事は東京、住むのは関西:

« 新・仁義なき戦い PARTⅡ | トップページ | 初夏の京都-2009-(鞍馬編) »