« 若者は、なぜ、死に至ったのか  【イントゥ・ザ・ワイルド】 | トップページ | 犬鳴山温泉で、ほっこり。 »

肉食系男子の映画 「資金源強奪」

鬼才・深作欣二の最高傑作と言われる「資金源強奪」を観戦。

img20090919.jpg


学生時代、大阪の新世界で観て震えた作品。(もちろん、リバイバル上映)

img20090919_2.jpg


リバイバル上映だったのに、劇場内の熱気度はかなり高かった。

その傑作が永い時を経て、ようやくソフト化されたのだ。





主役は、北大路欣也。 この時代に、素晴らしくビルドアップされた肉体!

a.jpg


隣にいる濃い~女性は、伝説の女優・ 太地喜和子!



アクション(クライム)映画を撮るというのは、文芸作品より何倍も難しいのではないだろうか。

img20090919_1.jpg


だからこそ、深作の偉大さが骨身に沁みる。  しっかし、この時の欣ちゃんカッコエエなぁ!







再び登場、伝説の女優・太地喜和子。

img20090919_3.jpg


この独特の色香と個性・・・ 早世したのが惜しまれる。





逃亡先での情事すら、深作の手に掛かると独特なものになる・・・ ってか、欣也の肉体美は最高やで!

img20090919_4.jpg


つーか、ここまで物語には全く触れてないけど(笑)、私的には「痛快クライムアクション」として観戦してるので、脳を殆ど使っていない。

名作中の名作「仁義なき戦い」(シリーズ)のように、男たちの深~い「鬩ぎ合い」は無いから、まるで、格闘技観戦のように楽しめてしまうのだ。





比●山の坊さんも来てると言われてる雄琴。(滋賀)

img20090919_5.jpg


関西屈指の大ソープ街として知られていたが、今はだいぶイメチェンして、小洒落た温泉地になってるらしい。

※ここは、日本映画史に残る怪作中の怪作「「幻の湖」ロケ地としても知られている。





辰兄ィ(梅宮辰夫)もカッコエエで!

img20090919_6.jpg




先日、お亡くなりになられた山城新伍も・・・ 賛否両論ある人だったが、確かに才能はあった。

img20090919_7.jpg




殴られ役世界一の偉大なる脇役・川谷の拓ボンも、相変わらずパワー溢れる殴られ方&蹴られ方(笑)

img20090919_9.jpg






阪神・尼崎駅が出てくる。

img20090919_8.jpg


この後のラブホテル街のロケ地はどこだろう?(知ってる方、iPostからお願いします)





デカダンスタワー「通天閣」が、これだけカッコよく使われてる映画は、他に無いやろ!

img20090919_10.jpg


img20090919_11.jpg






「東映」 「深作」 「ギャング」の三位一体。 タランティーノも影響受けてるやろうなぁ・・・

img20090919_12.jpg

|

« 若者は、なぜ、死に至ったのか  【イントゥ・ザ・ワイルド】 | トップページ | 犬鳴山温泉で、ほっこり。 »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176708

この記事へのトラックバック一覧です: 肉食系男子の映画 「資金源強奪」:

« 若者は、なぜ、死に至ったのか  【イントゥ・ザ・ワイルド】 | トップページ | 犬鳴山温泉で、ほっこり。 »