« Guide Michelin Kyoto/Osaka・2009 | トップページ | 白夜行 »

手紙

GyaOで放映している「手紙」を観た。

img20091104.jpg


前から観ようと思っていたのだが、泣かせようとする系の“あざいとい映画”だと思って、二の足を踏んでいたのだ。

だから、GyaOでやってなかったら観なかったかも…。



もちろん、最近の邦画には付き物の、「ツッコミどころ」は沢山ある。

そして、立派な原作を映画化すると、必ず生まれる原作との様々な乖離・・・

原作を読んでない私は、“余計な情報”がないから楽しめたのかもしれない。



【キャストについて】

いろいろとお騒がせな沢尻エリカについてだが、関西弁は及第点。

img20091104_1.jpg


それと、彼女の「意思の強さ」が、映画に上手く活かされていて好印象。

監督を務めた生野氏はTV畑の人だが、彼女の魅力を引き出したのは評価したい。



山田孝之は・・・まぁ、文句なし。

img20091104_2.jpg


近年の若手俳優では、間違いなくナンバーワンの実力を持つ。

陰のある役を演じさせると、右に出るものはいない。



・・・などと思っていたら、玉山鉄二の素晴らしさに圧倒された。

img20091104_6.jpg


img20091104_3.jpg


背筋がゾクッとするような演技を、ラストで見せてくれるのだ。

この作品のあと、亡くなる前の緒方拳さんと共演し(NHKの名作ドラマ「帽子」)、

「大変勉強になった」と、熱く語った玉鉄。

俳優として、しっかり向上心のある男である。(と見た)

その甘い甘いマスクに頼らず、このまま本格派の役者になるべく精進してほしい!



【物語について】

被害者遺族宅に、“ある決意”を持って訪問した山田孝之と、遺族の吹越満のシーンは、実にリアリティがあった。

img20091104_4.jpg


それと、原作ではミュージシャン志望だった主人公(山田)が、映画ではお笑い芸人となっている。

それに違和感を持っておられる人がいるようだ。

原作を読んでない私が言うのも何だが、お笑い芸人で良いと思った。

そうじゃないと、刑務所慰問時の「緊張」と「緩和」が“映像的”に活きないのだ。

「相方役」の尾上寛之、良い演技してます!(「パッチギ!」でも光ってた)

img20091104_5.jpg






ラストの小田和正の有名な曲だが、確かに“あざとい”かもしれない。

だが、「泣ける映画」という先入観を外して観れば、あざとさを感じないのだ。

そう思えたとき、小田和正の曲は、この映画にそっと寄り添うように、美しく響く。





【最後に】

もう一度言う。

ツッコミどころは沢山ある。

それでも、佳作である事には変わりない。(だいぶ甘めに書いたけどw)

時間のある方は、ぜひ観て下さい。

|

« Guide Michelin Kyoto/Osaka・2009 | トップページ | 白夜行 »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176700

この記事へのトラックバック一覧です: 手紙:

« Guide Michelin Kyoto/Osaka・2009 | トップページ | 白夜行 »