« 手紙 | トップページ | ぼっけぇ軍団!!! »

白夜行

評判の高かったTBSのドラマ「白夜行」(2006年放映)を、DVDで観た。

img20091023.jpg


もの凄いドラマだった。

東野圭吾の原作小説を読んでないので、ドラマ版との乖離を感じず、素直に入り込むことが出来た。



それにしても、胸が詰まるような、哀しく切ない物語である。

嘘に嘘を重ね、常に破滅を意識しながら生きるということの辛さ・・・

だが、普通の人には感じられない「情愛」を享受出来た二人。

これはこれで、十分立派な人生だったと思う。

(生き残った雪穂の未来は分からないが)

音楽も秀逸だったし、冬の情景(ロケ地)が胸に沁みた。



山田孝之は壮絶な演技で観る者を圧倒するし、

愁いを帯びた美しい綾瀬はるかも素晴らしい。

そして、執念を怨念にまで昇華させた武田鉄矢の迫力!





観てない人は、秋風の切なさに身を預けながら、じっくり「白夜行」の世界に浸ってほしい。

観て損は無い傑作です。

何だかんだ言っても、さすが「ドラマのTBS」だと思った。





劇中で良く流れてた曲・・・グッときます。

|

« 手紙 | トップページ | ぼっけぇ軍団!!! »

映画/ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/33176702

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行:

« 手紙 | トップページ | ぼっけぇ軍団!!! »